スポナビライブは2018年5月末でサービスが終了です。

スポナビライブで配信していたプロ野球とBリーグなどの放送は、引き続き DAZN で配信されます。

  • プロ野球・・・DAZNにて巨人以外の11球団の引き継ぎ
  • Bリーグ・・・バスケットLIVE(Yahooプレミアム)DAZN にて配信を引き継ぎ
  • プレミアリーグ・・・DAZNにて全試合配信を引き継ぎ
  • リーガエスパニョーラ・・・DAZNにて全試合配信を引き継ぎ

DAZN公式サイト はこちら。

MLB(メジャーリーグ)ロサンゼルスドジャース・前田健太!ワールドシリーズの速報動画や試合中継を見る方法を紹介!

更新日:

MLB(メジャーリーグ)ロサンゼルスドジャース・前田健太の速報や試合を見る方法を紹介!

10月20日(金)、前田健太選手所属のドジャースがナショナルリーグ優勝を果たし、29年ぶりにワールドシリーズ出場が決定しました!

ワールドシリーズの中継はスポナビライブとDAZNで放送!

ワールドシリーズの全試合をスポナビライブとDAZNで放送します!

スポナビライブとDAZNは、スマホ・タブレット、パソコン、テレビからワールドシリーズを視聴することができます。

どちらのサービスも、1ヶ月のお試し期間を利用することで、ワールドシリーズの中継を無料で視聴することができます。ぜひこの機会に利用してみてはいかがでしょうか?

↓スポナビライブとDAZN選び方のポイント↓

  • MLBとプロ野球全般の中継を楽しみたいかたはスポナビライブがおすすめ!
  • MLBとプロ野球広島カープの中継を楽しみたいかたはDAZNがおすすめ!

スポナビライブとDAZNの会員登録は、下記の公式サイトからご利用いただけます。

スポナビライブとは?

スポナビライブ

スポナビライブとは、スマホ・タブレット、PC(パソコン)、TV(テレビ)向けに、日本で人気のスポーツをインターネット動画配信しているサービスで、ソフトバンク株式会社と、Yahoo!JAPANが共同で運営しています。

月額料金

スポナビライブは、ソフトバンクとYahoo!JAPANが共同で運営しているため、どちらかのサービスを利用していれば月額料金が安くなるという特徴があります。

契約内容 月額料金
ソフトバンク、ワイモバイル(*)のスマホ・タブレットを利用している方 980円
他社のスマホ・タブレットで、Yahoo!プレミアムに契約している方 980円
上記以外の方 1,480円

* ワイモバイルは「スマホプラン」「データプラン」「Enjoyパック」契約者が対象

スポナビライブは、誰でも初回1カ月無料で利用できます。もし満足できなかった場合、初回1カ月以内であれば解約しても月額料金は無料(*)です。

* データ通信料はかかります。Wi-Fi環境であればデータ通信料を気にすることなく利用できます。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

コンテンツ内容

野球 MLB(メジャーリーグベースボール)
プロ野球セ・パ10球団の主催試合(巨・広・一部中日除)
女子プロ野球
テニス 男子ATP250/500/1000
サッカー プレミア[全試合]
リーガ[全試合]
バスケットボール Bリーグ[全試合]
大相撲 6場所全取組
その他スポーツ アメリカズカップ
KNOCK OUT
卓球
ゴルフ
独自番組 ぶちまけ!スポーツトークライブ
B.WEEK!!
リーガ プレビューショー
DEUCE(デュース)

スポナビライブは、日本で人気のスポーツをLIVE配信しています。

MLBは1日4試合、日本人が所属するチームを優先的に放送します。

試合のハイライト・好プレー集など多数の配信を行っているため、よりMLBを楽しむことができます。

その他のスポーツも追加料金なしでお楽しみ頂けます。

サービスの特徴

見逃し配信

試合を見逃してしまったり、見たい試合が重なってしまった場合でも1週間以内であれば無料で何度でも視聴ができる「見逃し配信」に対応しています。さらにLIVE配信中でも追いかけ再生可能で、LIVE配信直後から見ることもできます。

契約方法・解約方法

契約方法は、 スポナビライブ公式サイト から契約ができます。契約に要する時間は数十分で、契約完了後すぐに、スマホ・タブレット、PC(パソコン)、TV(テレビ)でスポーツ観戦ができます。

スポナビライブはインターネット動画配信のため、アンテナ等機器の設置等もありません。

解約する場合も、数分で終わり解約金も一切ありませんのでご安心を。

視聴方法

スポナビライブ視聴方法

スポナビライブの視聴方法は、スマホ・タブレット、PC(パソコン)、TV(テレビ)などさまざまなデバイスで視聴可能です。

スマホ・タブレットには専用アプリ(無料)があり、動作がスムーズで操作性も良いです。さらにYahoo!JAPANと共同運営しているため、アプリからYahoo!JAPANのスポーツニュースに連動可能です。

PC(パソコン)から視聴する場合は、スポナビライブ契約(会員登録)完了後、スポナビライブ公式サイトからログインすることで、簡単に視聴できます。PC(パソコン)画面も、スマホ・タブレットのスポナビライブアプリとほとんど同じです。

TV(テレビ)で視聴するには別途機器が必要になります。おすすめは2017年4月6日に発売されたFire TV Stick(New モデル)です。

Fire TV Stick(New モデル)自体に、スポナビライブアプリがインストールでき、Fire TV Stick(New モデル)をTV(テレビ)に挿すだけでスポーツ観戦が可能です。(スマホ・タブレットは不要)

その他にも、TV(テレビ)に出力する機器はたくさんありますので、以下を参考にしてください。

画質

画質 データ量目安
フルHD画質 2.6GB/時
高画質 800MB/時
標準画質 400MB/時
低画質 200MB/時

スポナビライブは4段階で画質を設定できます。データ通信料を抑えたいときは「低画質」、Wi-Fi環境では「フルHD画質」など自由に変更(*)できます。

MLBのライブ放送に関しては、「高画質」「標準画質」「低画質」の3段階のみとなっています。

残念ながらMLBのライブ放送は、「フルHD画質」に対応していませんが、「高画質」「標準画質」で、ストレスなくスポーツ観戦は可能です。「低画質」はスマホ・タブレットで視聴する分には十分と言えます。

また回線もかなり良好で、途切れるというようなことはほとんどありません。

* ビデオ(ハイライト動画)は、利用される端末の通信環境により画質が自動選択されます。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

目次に戻る

前田健太

2015年シーズンオフにポスティング制度を用いて広島東洋カープからロサンゼルスドジャースへと移籍した前田健太選手。

2016年シーズンは16勝を挙げ、開幕からローテーションを守り先発投手としての役割を十二分に果たしました。そんな、前田選手についてご紹介していきたいと思います。

基本情報

前田健太選手の基本的な情報について見ていきましょう。

本名 前田健太(まえだけんた)
生年月日 1988年4月11日
身長/体重 185センチ/79キロ
投打 右投右打
出身地 大阪府
配偶者 成嶋早穂
経歴 PL学園高校→広島東洋カープやロサンゼルスドジャース
年俸 312万5,000ドル(2017年)

前田選手は田中将大選手(ヤンキース)、坂本勇人選手(巨人)らと同じ1988年生まれとなっており、PL学園高校から広島東洋カープへと2006年のドラフト1位として入団を果たします。

早くからエース候補として期待がされていた前田選手は2008年に一軍デビューし9勝2敗の好成績を残しました。2010年、2015年と2度の沢村賞を受賞するなど球界を代表する投手となり、2015年シーズンオフにメジャーリーグ挑戦を果たしたのです。

ポスティング制度によって移籍した球団は広島東洋カープでも一緒にプレーした黒田博樹選手の所属先でもあったロサンゼルスドジャースとなります。1年目から先発ローテーションを任され故障者が続出するローテーションを支える活躍を見せてくれたのです。

前田選手の活躍もありチームは地区4連覇を果たしポストシーズンに進出。しかし、ポストシーズンでの前田選手は好投できず悔しい思いをしたのです。

2017年シーズンは奮起に期待がかかります。

昨季の成績

前田健太選手は移籍1年目となった2016年シーズン、32試合に登板し16勝11敗、175.2回を投げ179奪三振、防御率3.48の成績を残します。

デビュー戦では本塁打を放つなど打撃面でも活躍を見せチームに打ち解けることに成功しました。エースであるクレイトン・カーショー選手らが離脱する中で1年目のシーズンとしてケガなく1年間を戦えたことは前田選手にとって大きな自信となったでしょう。

その一方で、シーズン終盤からポストシーズンに掛けて調子を崩したことに悔いが残ります。ポストシーズンではディビジョンシリーズ、チャンピオンシップで合計3試合に登板したものの0勝1敗、10.2回を投げ12奪三振をマークしたものの防御率は6.75と貢献できませんでした。

今季の見どころ

前田選手はクレイトン・カーショー選手、リッチ・ヒル選手に次ぐ先発3番手としての期待がかかります。

2016年シーズンはシーズン後半からポストシーズンに掛けて成績を残すことができませんでした。そのため、1年間を通じて好成績を残すことが大きな目標となります。

また、32試合の先発登板で7回を投げきったことが2度しかなく、救援投手陣の負担を掛けてしまったこともあり試合後との投球回数増加も課題となります。前田選手が長い回を投げることができるようになれば救援投手陣の負担も減りパフォーマンス向上が見込めます。

チーム全体で優勝を目指すためにも前田選手が投球回数を増やし救援投手陣の負担を減らせるかどうかがポイントとなりそうです。

達成が期待される記録

前田健太選手は2016年シーズン終了時点で1412奪三振(日本1233奪三振、米国179奪三振)を記録しており1500奪三振まで88個に迫っています。故障がなければ今シーズン中の達成は間違いないでしょう。

そのほかに大きな記録はない前田選手ですが広島東洋カープ時代の2010年から7年連続で二桁勝利を達成しており2017年シーズンは8年連続を狙います。

また、2017年シーズンに本塁打を放つことができれば2年連続での本塁打となり日本人投手としては史上二人目となりデビューからは日本人投手初となります。投手としての成績だけでなく野手としての成績にも期待が高まります。

目次に戻る

ロサンゼルスドジャース

メジャーリーグでニューヨークヤンキースとともに全米からの人気を集めるロサンゼルスドジャース。

野茂英雄選手が近鉄バファローズから移籍した際の所属チームということもあり日本人ファンも多くなっています。その後は黒田博樹選手、斎藤隆選手らが在籍。

2016年シーズンからは前田健太選手が加入と日本人には馴染みのある球団です。そんな、ロサンゼルスドジャースについてご紹介します。

ロサンゼルスドジャースとは?

設立 1883年
所属 ナショナルリーグ西地区
本拠地 ドジャースタジアム
監督 デーブ・ロバーツ
GM アンドリュー・フリーマン
オーナー マーク・ウォルター
ワールドチャンピオン 6回(1955年、1959年、1963年、1965年、1981年、1988年)
リーグ優勝 21回(1890年、1899年、1900年、1916年、1920年、1941年、1947年、1949年、1952年、1953年、1955年、1956年、1959年、1963年、1965年、1966年、1974年、1977年、1978年、1981年、1988年)

ロサンゼルスドジャースはニューヨークのブルックリンを本拠地としていました。かつてはブルックリンドジャースの名称でも活動を行っていたのです。

ロサンゼルスに本拠地を移転したのは1958年のことで、それ以降は本拠地の移転はありません。現在の本拠地であるドジャースタジアムは2017年に行われた第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の決勝ラウンドが開催された球場でもあります。

リーグ優勝21回を誇る強豪チームでワールドシリーズも6回制覇しています。しかし、最後のワールドシリーズ制覇は1988年となっており約30年間にわたりチャンピオンから遠ざかっています。

近年は2013年からナショナルリーグ西地区を4連覇していますが、リーグ優勝には手が届かず、ワールドシリーズ進出はなりません。2017年シーズンは久々のリーグ優勝、そしてワールドチャンピオンに期待がかかります。

在籍した日本人は?

1995年に野茂英雄選手がロサンゼルスドジャースに在籍して以来、多くの日本人選手が在籍しました。

投手陣では野茂選手(1995年-1998年、2002年-2004年)の他に石井一久選手(2002年-2005年)、木田優夫選手(2003年-2004年)、黒田博樹選手(2008年-2011年)、斎藤隆選手(2006年-2008年)、前田健太選手(2016年~)、野手では中村紀洋選手(2005年)が在籍しています。

これまでに多くの日本人投手が在籍しているのは、西海岸の温暖な気候、ロサンゼルスという日本人にとって住みやすい環境が大きく影響していると言えそうです。

日本人選手が数多く在籍していることで球団側も日本人の扱いに慣れているのも理由の一つとなりそうです。日本人選手だけでなく韓国人選手であるリュ・ヒョンジュン選手も獲得しておりチームとしてアジア圏の選手に触手を伸ばしていることも大きいでしょう。

昨季の成績

2016年シーズンのロサンゼルスドジャースはナショナルリーグ西地区で4連覇を達成しています。大型連勝はなかったもののジリジリと勝ち星を伸ばし2位につけ、1位を窺います。

8月上旬に首位を走っていたサンフランシスコジャイアンツをとらえると一進一退の首位争いを行いながら最後は突き放しました。

ダントツで首位を走るわけではなく最後の勝負所でスパートを掛け地区優勝を果たしたのです。本来であればエースとしてチームを引っ張る存在であったクレイトン・カーショー選手が故障の影響で2ヶ月近く離脱したことが接戦の影響かもしれません。

エース不在の中で投手陣では前田健太選手、スコット・カズミアー選手らが役割を果たし二桁勝利を達成。また、リリーフ陣も安定したとは言いがたいもののジョー・ブラントン選手が好成績を挙げ、中継ぎ陣をまとめました。

突出したスターがいない中でチーム力を持って地区優勝を果たしたといえるでしょう。しかし、ポストシーズンではワシントンナショナルズを下しリーグチャンピオンシップへと駒を進めますがシカゴカブスに屈してしまいます。

このポストシーズンでエースのクレイトン・カーショー選手は先発だけでなく中継ぎとしても登板。まさに、大黒柱としてチームのために戦い抜いたのです。

今季の見どころ

2017年シーズンのロサンゼルスドジャースはナショナルリーグ西地区5連覇がかかります。ワールドシリーズ制覇、リーグチャンピオンともに1988年から遠ざかっており、リーグ制覇からさらに上を目指します。

投手陣はエースのクレイトン・カーショー選手を筆頭にローテーション投手の層は群を抜いており故障者が出たとしても戦い抜く力はありそうです。中継ぎ陣もクローザーのケンリー・ジャンセン選手二繋ぐまでの7回、8回に課題が残りはするものの他のチームからしてみると層は厚く大崩れはなさそうです。

また、注目の前田健太選手もローテーション投手としての期待がかかっており、2017年シーズンもフル回転が臨まれています。

打撃陣では2016年シーズン新人王に輝いたコーリー・シーガー選手、主砲のエイドリアン・ゴンザレス選手、ジャスティン・ターナー選手らが引っ張ることになりそうです。突出したスター選手がいないことから新人王を受賞したコーリー・シーガー選手の飛躍に期待がかかります。

選手紹介(基本オーダー)

2017年のロサンゼルスドジャースは投手陣、野手陣ともに控えまで充実しておりナショナルリーグ西地区地区5連覇を狙うのに申し分ない戦力と言えるでしょう。

前田選手以外にはどのような選手が在籍しているのでしょうか。野手陣、投手陣の基本オーダーについてご紹介します。

野手

2016年シーズンに新人王を受賞したコーリー・シーガー選手を2番に据え全員が二桁本塁打以上を狙える強力打線です。控えにはユーティリティーのローガン・フォーサイス選手も控えています。

※()は昨季成績

1番 (左)アンドリュー・トールス(打率.314/3本/16打点)
2番 (遊)コーリー・シーガー(打率.308/26本/72打点)
3番 (三)ジャスティン・ターナー(打率.275/27本/90打点)
4番 (一)エイドリアン・ゴンザレス(打率.285/18本/90打点)
5番 (捕)ヤスマニ・グランダル(打率.228/27本/72打点)
6番 (中)ジョク・ペダーソン(打率.246/25本/68打点)
7番 (右)ヤシエル・プイグ(打率.263/11本/45打点)
8番 (二)チェイス・アトリー(打率.252/14本/52打点)
9番 (投)-

投手陣

2017年ロサンゼルスドジャースの投手陣は下記のような体制でしょうか。クレイトン・カーショー選手を中心とした先発投手陣にケンリー・ジャンセン選手がクローザーとして控えており、リリーフ陣も充実しています。

※()は昨季成績

先発
クレイトン・カーショー(21試合/12勝4敗/防御率1.69)
リッチ・ヒル(20試合/12勝5敗/防御率2.12)
前田健太(32試合/16勝11敗/防御率3.48)
ブランドン・マッカーシー(10試合/2勝3敗/防御率4.95)
リュ・ヒョンジュン(1試合/0勝1敗/防御率11.57)
中継ぎ
セルジオ・ロモ(40試合/1勝0敗4S/防御率2.64)
ペドロ・バイエズ(73試合/3勝2敗/防御率3.04)
ルイス・アビラン(27試合/3勝0敗/防御率3.20)
クリス・ハッチャー(37試合/5勝4敗/防御率5.53)
グラント・デイトン(25試合/0勝1敗/防御率2.05)
ロス・ストリップリング(22試合/5勝9敗/防御率3.96)
アレックス・ウッド(14試合/1勝4敗/防御率3.73)
抑え
ケンリー・ジャンセン(71試合/3勝2敗47S/防御率1.83)

注目選手

2016年シーズンから前田健太選手が所属しているロサンゼルスドジャース。前田選手の先発登板試合などが日本で放映されることも多くなっています。

そのロサンゼルスドジャースの2017年度における注目選手を5名ピックアップしてみました。前田選手だけでなく、これらの選手を覚えておくことで観戦が楽しくなること間違いありません。

クレイトン・カーショー


ロサンゼルスドジャースだけでなく球界を代表する投手でもあるクレイトン・カーショー選手。

2011年、2013年、2014年と3回のサイヤング賞に輝き9年間で126勝、防御率2.37と歴代でも有数の成績を残しています。2016年シーズンに引退した黒田博樹選手と仲がよく2008年のメジャーデビュー年にはキャッチボール相手にもなっていたのです。

テレビのインタビューでは「メジャーリーグを引退したら広島カープに行くよ」と笑いながら答える陽気な一面も見せる明るいキャラクターです。

ケンリー・ジャンセン


2017年シーズンにロサンゼルスドジャースのクローザーを務めるのはケンリー・ジャンセン選手です。

2016年シーズンも47セーブを挙げ防御率1.83の成績を残し安定感は抜群のジャンセン選手。第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ではオランダ代表として準決勝に登板。

1回をわずか9球で仕留める活躍をみせてくれました。伝家の宝刀でもあるカッターを武器に2017年シーズンもドジャースの尾クローザーとして君臨します。

エイドリアン・ゴンザレス


以前、読売ジャイアンツにも在籍したエドガー・ゴンザレス選手を兄に持つエイドリアン・ゴンザレス選手。

2012年シーズン途中にボストンレッドソックスから加入後はチームの中心選手として一塁を守り続けます。2006年の本格デビューから毎年150試合以上に出場するほどのタフネスぶりで故障知らずのゴンザレス選手。

2017年シーズンは開幕前の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にもメキシコ代表として参戦し奮闘しました。ワールドシリーズ制覇を目指すためにも欠かすことのできない戦力の一人です。

コーリー・シーガー


シアトルマリナーズに在籍するカイル・シーガー選手を兄に持つコーリー・シーガー選手。

2015年にメジャーデビューを果たすと2016年には完全なるレギュラーに定着、157試合に出場しオールスターゲームにも出場を果たしました。シーズンを通して打率.308、26本塁打、72打点の成績で新人王に輝きます。

この新人王は満票での選出となり21年ぶりの快挙でもありました。2017年シーズンはさらなる飛躍を目指して実績を積み重ねることに期待がかかります。

ヤシエル・プイグ


キューバから亡命し2012年にロサンゼルスドジャース入りを果たしたヤシエル・プイグ選手。

2013年にメジャーデビューを果たすと104試合に出場し打率.319、19本塁打、42打点の活躍を見せ大きな期待を背負います。2014年シーズンもまずまずの成績を残し、オフに行われた日米野球にも来日し日本でもパワフルな姿を見せてくれました。

しかし、2015年しーズン以降は低調でトレード要員として名前が挙がることもあり2017年シーズンは雪辱を果たしたいところです。

目次に戻る

まとめ

ロサンゼルスドジャース・前田健太選手の見どころと、スポナビライブで観戦するメリットを紹介してきましたがいかがでしたか?

ショナルリーグ西地区5連覇がかかっているロサンゼルスドジャース。そして前田健太選手の活躍を、ぜひスポナビライブで応援しましょう!

スポナビライブは、誰でも初回1カ月無料で利用できます。もし満足できなかった場合、初回1カ月以内であれば解約しても月額料金は0円なので安心です。

以上、テキサスレンジャーズ・前田健太選手の見どころと、スポナビライブで観戦するメリットでした。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

おすすめ記事

スポナビライブとは 1

プロ野球、海外サッカー、Bリーグ、テニスなどの人気のスポーツが、月額980円から見放題の動画配信サービス「スポナビライブ」。 今なら1ヶ月無料で試すことができます。最低利用期間もありません! ここでは ...

スポナビライブとDAZN 2

※スポナビライブのサービス終了に伴い、スポナビライブで配信していたプロ野球とBリーグの放送は、引き続きDAZN(ダゾーン)で配信されます。 参考DAZN(ダゾーン)徹底解説の記事はこちらDAZN(ダゾ ...

3

プロ野球の試合放送を視聴することができる「スポナビライブ」と「パ・リーグTV」を比較してみました。 両サービスの、コンテンツ内容、月額料金、画質、視聴環境を比較!どちらサービスを契約すれば良いか迷って ...

スポナビライブATPワールドツアー 4

テニス錦織圭選手のATPワールドツアーの試合を視聴するならスポナビライブ! そこで今回は、スポナビライブが配信しているATPワールドツアーの配信内容について解説していきます。 スポナビライブのサービス ...

5

スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する製品の選び方をまとめてみました。スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する方法を調べてみたけど、なんかややこしくて良く分からない・・・という方は多いと思います。 ...

-メジャーリーグ

Copyright© スポナビライブガイド【Sportsnavi Live Guide】 , 2018 All Rights Reserved.