スポナビライブは2018年5月末でサービスが終了です。

スポナビライブで配信していたプロ野球とBリーグなどの放送は、引き続き DAZN で配信されます。

  • プロ野球・・・DAZNにて巨人以外の11球団の引き継ぎ
  • Bリーグ・・・バスケットLIVE(Yahooプレミアム)DAZN にて配信を引き継ぎ
  • プレミアリーグ・・・DAZNにて全試合配信を引き継ぎ
  • リーガエスパニョーラ・・・DAZNにて全試合配信を引き継ぎ

DAZN公式サイト はこちら。

【2017年】マイアミ・オープンを放送!テニス錦織圭の速報・試合・結果を見る方法も紹介!

更新日:

【2017年】マイアミ・オープンを放送!テニス錦織圭の速報・試合・結果を見る方法も紹介!

2017年マイアミ・オープンを見るならスポナビライブが一番おすすめです。

スポナビライブが一番良い理由
  • だれでも初回1カ月無料で利用できる
  • マイアミ・オープンに出場する錦織圭選手・西岡良二選手の試合をライブ配信
  • 契約後すぐにスポーツ観戦可能(契約・解約も簡単)
  • 2017年ATPワールドツアーの配信内容は国内最大級
  • どこでも視聴できる(スマホ・タブレット、テレビ、パソコン)
  • 見逃しても1週間分は好きなときに何度でも視聴できる
  • その他のスポーツも追加料金無しで視聴できる

スポナビライブ公式サイト

今大会には、2017年全豪オープンで復活優勝を果たしたロジャー・フェデラー選手、準優勝のラファエル・ナダル選手、ATPランキング1位のアンディ・マリー選手、2位のノバク・ジョコビッチ選手など、そうそうたる選手が参加する注目の大会です。

※アンディ・マリー選手、ノバク・ジョコビッチ選手はともに、右肘のケガのため欠場。

そこで今回は2017年マイアミ・オープンの見どころと、スポナビライブで観戦するメリットを紹介します。

決勝4/3(月):R・フェデラー vs R・ナダル

2017年マイアミ・オープンの決勝は、ロジャー・フェデラー選手 vs ラファエル・ナダル選手のBIG4同士の対決となりました。

両選手は今年3度目の対戦となり、全豪オープンの決勝、BNPパリバ・オープンの4回戦で、ロジャー・フェデラー選手が2連勝しています。通算対戦成績は23勝13敗で、ラファエル・ナダル選手が勝ち越しています。

日本時間4月3日(月)、R・フェデラー選手 vs R・ナダル選手の対決は、6-3、6-4のストレートで、R・フェデラー選手が勝利し、11年ぶり3度目の優勝を果たしました!

現在 スポナビライブ で見逃し配信中です。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

2017年マイアミ・オープン錦織圭の結果をリアルタイム速報

スポナビライブは、2017年マイアミ・オープン(日本時間3月23日~4月3日)に出場する錦織圭選手の試合をライブ配信します。世界ランキング4位の錦織圭選手は、第2シードで出場することが決定しました。

3/25(土)2回戦:錦織圭 vs K・アンダーソン

錦織圭選手の初戦(2回戦)の相手は、世界ランキング74位のケビン・アンダーソン選手です。過去の対戦成績は、2勝1敗で錦織圭選手が勝ち越しています。

日本時間3月25日(土)、錦織圭選手の初戦(2回戦)の結果は、6-4、6-3のストレートで勝利しました。3回戦の相手は、世界ランキング30位のフェルナンド・ベルダスコ選手です。

現在 スポナビライブ で見逃し配信中です。

3/27(月)3回戦:錦織圭 vs F・ベルダスコ

錦織圭選手の3回戦の相手は、世界ライキング30位のフェルナンド・ベルダスコ選手です。過去3度対戦しており、1勝2敗でフェルナンド・ベルダスコ選手が勝ち越しています。

日本時間3月27日(月)、錦織圭選手の3回戦の結果は、7-6、6-7、6-1のフルセットで、フェルナンド・ベルダスコ選手を下し4回戦へ進出しました。4回戦の相手は、世界ランキング57位のフェデリコ・デルボニス選手です。

現在 スポナビライブ で見逃し配信、ハイライト動画を配信中です。

3/29(水)4回戦:錦織圭 vs F・デルボニス

錦織圭選手の4回戦の相手は、世界ランキング57位のフェデリコ・デルボニス選手です。過去に1度だけ対戦しており、錦織圭選手が勝利しています。

日本時間3月29日(水)、錦織圭選手の4回戦の結果は、6-3、4-6、6-3のフルセットで、フェデリコ・デルボニス選手を下し、準々決勝に進出しました。準々決勝の相手は、世界ランキング40位のファビオ・フォニーニ選手です。

現在 スポナビライブ で見逃し配信中です。4回戦終了後の記者会見も動画配信され、ケガについても触れています。

3/30(木)準々決勝:錦織圭 vs F・フォニーニ

錦織圭選手の準々決勝の相手は世界ランキング40位のファビオ・フォニーニ選手です。過去に2度対戦しており、錦織圭選手が2連勝中です。

日本時間3月30日(木)、錦織圭選手の準々決勝の結果は、4-6、2-6のストレートで敗れてしまいました。4回戦で痛めた左ひざだけでなく、右手首のケガもあり精度を欠いたプレーとなってしまいました。

現在 スポナビライブ で見逃し配信中です。

錦織圭選手、次の出場予定の大会は、4月24日~30日に開催されるATP500バルセロナ・オープンです。スポナビライブでLIVE配信しまうので、ぜひお楽しみください!

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

2017年マイアミ・オープン西岡良二の結果をリアルタイム速報

スポナビライブは、2017年マイアミ・オープン(日本時間3月23日~4月3日)に出場する西岡良二選手の試合をライブ配信します。

3/23(木)1回戦:西岡良二 vs J・トンプソン

日本時間3月23日(木)0時00分から開始した西岡良二選手の1回戦は、1-6、6-4、6-3の逆転で勝利し、2回戦へ進出しました。2回戦の相手は、世界ランキング17位のジャック・ソック選手です。

現在 スポナビライブ で見逃し配信中です。

3/25(土)2回戦:西岡良二 vs J・ソック

西岡良仁選手の2回戦の相手は、世界ランキング17位のジャック・ソック選手です。過去に1度だけ対戦しており、西岡良仁選手が勝利しています。

日本時間3月25日(土)、西岡良仁選手の2回戦の結果は、第1セット途中、西岡良仁選手が左ひざを痛め、途中棄権となり敗退となりました。

現在 スポナビライブ で見逃し配信中です。

2017年マイアミ・オープンのドロー(トーナメント表)

2017年マイアミ・オープンの準々決勝以降の組み合わせです。

2017年マイアミ・オープン組み合わせ

2017年マイアミ・オープンの見どころは?

2017年マイアミ・オープンの見どころ

なんといっても錦織圭選手がマスターズ大会で去年準優勝を獲得した大会として有名です。2017年の同大会で優勝することになれば、初のマスターズ大会ということになります。

悲願の優勝を獲得できるかを注目してみていきたいですね。そして、優勝出来れば優勝ポイント1,000が手に入ります。

前回、準優勝でしたので獲得できるポイント差分は400あるので、ミロシュ・ラオニッチ選手の結果次第ではランキング4位に入る可能性も残されている大事な大会です。逆にラファエル・ナダル選手も同様にポイント差が迫ってきているので是非とも勝っておきたい大会ですね。

また、ノバク・ジョコビッチ選手が現在3連覇中、優勝回数6回とアンドレ・アガシ選手とタイの最多記録を持っているので2017年での優勝を獲得することで連覇数と最多優勝回数の両方新記録を樹立する可能性があります。トーナメントがまだ発表されていないですが両者とも勝ち進めばぶつかる可能性が高く、2017年に戦うことになれば2016年の決勝戦のリベンジ戦となります。

そうなれば熱き戦いになること間違いなしです。

錦織圭選手には是非リベンジを果たしたうえで優勝を獲得してほしいですね。

2017年マイアミ・オープン「スポナビライブ」の放送内容

2017年マイアミ・オープン「スポナビライブ」の放送内容

スポナビライブは2017年テニスライブ配信を大幅に拡大しました。それに伴いスポナビライブは、2017年マイアミ・オープン(ATP男子)をライブ配信することが決定しました。

もちろん錦織圭選手の試合を優先的に放送します。さらに2017年マイアミ・オープン後の ATP1000 モンテカルロ・ロレックス・マスターズ(錦織圭選手出場予定)もライブ配信します。

そこでスポナビライブの2017年マイアミ・オープン(ATP男子)放送内容を紹介します。

錦織圭選手ら日本人選手の試合を優先的に放送

スポナビライブは、錦織圭選手をはじめとした日本人選手の試合を優先的にライブ放送します。

試合のハイライト動画、記者会見を放送

スポナビライブ独自に編集したハイライト動画や記者会見の模様もショート動画として放送しています。(日本語翻訳もされています) さらに選手のインタビューや試合中に盛り上がったプレーなどもまとめて見ることができます。

普段なかなか見ることができない選手のインタビューや、出場選手紹介を動画で放送してくれるのでテニスファンは必ず楽しめると思います。最近テニスを見始めたという方にもおすすめできる内容です。

スポナビライブニュースで試合結果を放送

スポナビライブは独自のニュース番組「スポナビ LIVE NEWS」を配信しており、毎試合の結果を解説しダイジェストで振り返ります。(好きなときに視聴できるので、通勤・通学時間に確認できます)

テニス以外のスポーツも番組内で解説してくれるので、スポーツ全般の最新情報を一挙に得られるというメリットがあります。またゲストを交えての解説などユーモアたっぷりのスポーツニュース番組です。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

スポナビライブとは?

スポナビライブ

スポナビライブは人気スポーツ生中継配信動画サービスで、9ジャンルのスポーツを追加料金無しで楽しむことができます。さらに、過去1週間分の試合を無料で何度でも視聴することができます。

インターネット配信のためアンテナ等の設置も不要で、契約完了後すぐにスマホ・タブレット・TV(テレビ)・PC(パソコン)でサービスをお楽しみできます。

スポナビライブの月額料金【初回1カ月無料】

スポナビライブは、ソフトバンクとYahoo!JAPANが共同で運営しているため、どちらかのサービスを利用していれば月額料金が安くなるという特徴があります。

契約内容 月額料金
ソフトバンク、ワイモバイル(*)のスマホ・タブレットを利用している方 980円
他社のスマホ・タブレットで、Yahoo!プレミアムに契約している方 980円
上記以外の方 1,480円

* ワイモバイルは「スマホプラン」「データプラン」「Enjoyパック」契約者が対象

スポナビライブは、だれでも初回1カ月無料で利用できます。もし満足できなかった場合、初回1カ月以内であれば解約しても月額料金は無料(*)です。

* データ通信料はかかります。Wi-Fi環境であればデータ通信料を気にすることなく利用できます。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

スポナビライブの契約(会員登録)の方法

スポナビライブ公式サイトから簡単に契約(会員登録)ができます。申し込みから契約完了まで数十分で終わり、契約完了後は即スポナビライブをお楽しみできます。

また、スポナビライブはインターネット動画配信のため、アンテナ等機器の設置もありません。加入料なども一切ありませんので初期費用は0円です。

スポナビライブの解約方法は?解約金は発生しない?

スポナビライブの公式サイトから簡単に解約できます。(数分で終わります) 解約金も一切ありませんのでご安心を。

スポナビライブの視聴方法(スマホ・タブレット・パソコン・テレビ)

スポナビライブは、スマホ・タブレットの他に、TV(テレビ)、PC(パソコン)からも視聴が可能で、2017年3月16日以降フルHD対応に加え、さまざまなデバイスでTV(テレビ)視聴が可能になります。

スマホ・タブレット(アプリ)で視聴する方法

スマホ・タブレットから視聴するには、専用アプリのインストール(無料)を行います。見た目もシンプルで分かりやすく誰でも使いこなせるようになっています。iPhone、iPadご利用の方は「App Store」から、Androidご利用の方は「Google Play™」からダウンロードが可能です。

スポナビライブのアプリはとても評判が良いです。(この手のアプリは基本的にあまり評判が良くないのですが)App Storeではレビュー件数が200件を超えており、総合評価★4.5でほとんどの方は満点の★5を付けています。

無料でダウンロードできますので、ぜひ一度お試しください。

PC(パソコン)で視聴する方法

スポナビライブ契約(会員登録)完了後、スポナビライブ公式サイトからログインすることで、簡単にPC(パソコン)からもスポナビライブを利用できます。PC(パソコン)画面も、スマホ・タブレットのスポナビライブアプリとほとんど同じです。

インターネットに接続されているPC(パソコン)であればどこからでも利用できますし、画面が大きいのがメリットです!

TV(テレビ)で視聴する方法

スポナビライブをTV(テレビ)に出力するには、別途スマホ・タブレットとTV(テレビ)を接続する機器が必要になります。スマホ・タブレットをTV(テレビ)に出力する機器はたくさんありますので、以下を参考にしてください。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

マイアミ・オープンとは?

「BNPパリバ・オープン」と並んでマスターズ1000のカテゴリに入る大会で毎年3月に開催されることもあり同大会と共に「春の祭典」としてテニスファンからも支持されている大会の1つです。

ランキング上位の選手には出場義務がある大会なだけに激しい戦いを楽しむことができます。また、2016年の大会にて錦織圭選手が準優勝を獲得した大会でもあります。

マイアミ・オープンの概要

毎年3月にアメリカ合衆国フロリダ州マイアミのキー・ビスケインで開催されている大会。この場所は日本との時差が13時間も進んだ場所です。(3月はサマータイムになるため13時間の時差となります)

春の祭典とも呼ばれており開催会場はクランドンパーク、コートの種類は「ハードコート」でメインコートの収容人数は13,800名にもなります。1985年からある歴史の深い大会であり今年で32年目の開催。

大会の名称がメインスポンサーの変化で大会名が都度違うので「マイアミマスターズ」と呼ばれることが多いです。そして「BNPパリバ・オープン」と合わせた優勝者は「サンシャインダブル」と呼ばれます。

2017年マイアミ・オープンの日程

2017年マイアミ・オープンATP男子の開催日程を紹介します。

ラウンド 現地時間
予選 3/20(月)
予選 3/21(火)
1回戦 3/22(水)
1回戦 3/23(木)
2回戦 3/24(金)
2回戦 3/25(土)
3回戦 3/26(日)
3回戦 3/27(月)
4回戦 3/28(火)
準々決勝 3/29(水)
準々決勝 3/30(木)
準決勝 3/31(金)
決勝 4/2(日)

ポイント・賞金

マイアミ・オープンの賞金はBNPパリバ・オープンの賞金と同じとなっており、去年の同大会の賞金と比べると約90万ドルも増えており、人気の大会だということが分りますね。

2017年の男子賞金総額$7,913,405(日本円換算で約9億1000万円)

※日本円1ドル=115円計算
※2016年は男子総額$7,037,595(日本円換算で約8億932万円)

優勝賞金は$1,028,300(日本円換算で約1億1,825万円)でした。以下に2017年のタイトルごとの賞金とポイントを紹介します。

順位 賞金 ポイント
優勝 $1,175,505 ATP1,000
準優勝 $573,680 ATP600
ベスト4 $287,515 ATP360
ベスト8 $146,575 ATP180
4回戦 $77,265 ATP90

過去の優勝者

直近5年のATP男子シングルスの優勝者ですが、ノバク・ジョコビッチ選手が2013年を除き4年間すべて優勝を飾っています。

2012年 優勝:ノバク・ジョコビッチ選手 準優勝:アンディ・マリー選手
2013年 優勝:アンディ・マリー選手 準優勝:ダビド・フェレール選手
2014年 優勝:ノバク・ジョコビッチ選手 準優勝:ラファエル・ナダル選手
2015年 優勝:ノバク・ジョコビッチ選手 準優勝:アンディ・マリー選手
2016年 優勝:ノバク・ジョコビッチ選手 準優勝:錦織 圭選手

錦織圭の過去の出場成績

  • 2014年準決勝敗退(ノバク・ジョコビッチ選手との対戦の予定でしたが怪我のため辞退)
  • 2015年準々決勝敗退(ジョン・イスナー選手にストレート負け。[4-6]、[3-6])
  • 2016年決勝戦敗退(ノバク・ジョコビッチ選手にストレート負け。[3-6]、[3-6])

過去3年間の成績を振り返ってみると、すべて準々決勝以上に進出している相性の良い大会といえます。しかも2016年には準優勝とマスターズの大会準優勝通算3回のうち、マイアミ・オープンで1回獲得しています。

未だにマスターズ以上の大会で優勝経験が無いので2017年度は是非、優勝して良い流れを掴んでほしいですね。

2017年マイアミ・オープン出場選手

「マイアミ・オープン」に参加するランキング上位選手を紹介します。(2017年3月6日時点)

選手名 国籍 ATPランキング
アンディ・マリー ※右肘のケガで欠場 イギリス 1位
ノバク・ジョコビッチ※右肘のケガで欠場 セルビア 2位
スタン・ワウリンカ スイス 3位
ミロシュ・ラオニッチ カナダ 4位
錦織 圭 日本 5位
ラファエル・ナダル スペイン 6位
マリン・チリッチ クロアチア 7位
ジョーウィルフリード・ツォンガ フランス 8位
ドミニク・ティエム オーストリア 9位
ロジャー・フェデラー スイス 10位
ガエル・モンフィス フランス 11位
ダビド・ゴフィン ベルギー 12位
グリゴール・ディミトロフ ブルガリア 13位
トマーシュ・ベルディヒ チェコ 14位
ルーカス・プイユ フランス 15位
ニック・キリオス オーストラリア 16位
ロベルト・バウティスタ・アグ スペイン 17位
ジャック・ソック アメリカ 18位
リシャール・ガスケ フランス 19位
アレキサンダー・ズベレフ ドイツ 20位

2017年マイアミ・オープン注目選手

マイアミ・オープンは上位ランキングの選手がシードや本戦に出場するので様々なドラマを生んでいる大会でもあります。ただその中でもノバク・ジョコビッチ選手の連覇を始め、錦織圭選手のマスターズ大会初優勝が掛かっているなど、男子シングルスの注目選手をピックアップして紹介したいと思います。

錦織圭

2016年では第6シードとして参加し、決勝ではジョコビッチに敗れてしまったが、準優勝を獲得しました。錦織圭選手は「グランドスラム」準優勝1回、「マスターズ」準優勝3回と準優勝は出来ているものの、優勝がなかなか出来ていないです。

2017年は念願の優勝を獲得出来るのかも注目して見ていきたいですね。

ノバク・ジョコビッチ選手

ノバク・ジョコビッチ選手は、右肘のケガのため欠場することが決定しました。

2016年度の優勝選手。最多勝利6勝(2007年、2011年、2012年、2014年、2015年、2016年)と連勝記録3連覇(2014年~2016年)は共にアンドレ・アガシ選手と同じくトップの記録になっています。2017年度も参加することが決まっていますので同年度で優勝すれば連勝、連覇共に新記録を達成する大事な年だけに気合が入っていることでしょう。

また、2016年度の大会では1セットも相手に与えることなく勝っている偉業を達成しています。2017年度はどうなるのか、試合の内容も合わせて見ていきたいですね。

アンディ・マリー選手

アンディ・マリー選手は、右肘のケガのため欠場することが決定しました。

直近の結果では、2015年度に準優勝を獲得。しかし、2016年度では3回戦でディミトロフ選手に敗れてしまいます。

ただ、2009年、2013年と2回の優勝も経験している相性の良い大会です。2017年度はしっかり切り替えて臨んでくることでしょう。

また、2012年、2015年の準優勝時に優勝選手はどちらもノバク・ジョコビッチ選手。ATPランキングも1位と2位同士なので、ランキングをキープするためにも今回も直接対決になれば負けられない熱い戦いになりそうです。

ラファエル・ナダル選手

準優勝が4回(2005年、2008年、2011年、2014年)とあと1歩のところで優勝を逃している本人にとって悔しい大会の1つになっています。ただ今年は「全豪オープン」「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」の準優勝と優勝は逃していますが、2017年序盤の大会で成績を残せているので、マイアミ・オープンにて初優勝の期待が膨らみますね。

ロジャー・フェデラー選手

2005、2006年と連覇を達成しましたが、それ以降タイトルから遠ざかっている。また、2016年も体調不良のため欠場となった。2017年は参加予定となっているので同選手の活躍を期待したいですね。

直近で参加している「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」では残念ながら2回戦敗退となってしまいましたが、現在ATPランキングは10位なので、まだまだ上位を狙える位置なのと全豪オープンを優勝するなど好調な状態なのでマイアミ・オープンでのタイトル獲得に期待をしたいです。

まとめ

2017年マイアミ・オープンの見どころと、スポナビライブで観戦するメリットを紹介してきましたがいかがでしたか?

マイアミ・オープンは、錦織圭選手にとって相性の良い大会ですので、ぜひ優勝をしてもらいたいです。

スポナビライブは、2017年マイアミ・オープン以外にもATPワールドツアーを大々的に放送していきまので、ぜひスポナビライブで観戦しましょう!

だれでも初回1カ月無料で利用できます。もし満足できなかった場合、初回1カ月以内であれば解約しても月額料金は0円です。

以上、2017年マイアミ・オープンの見どころと、スポナビライブで観戦するメリットでした。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

おすすめ記事

スポナビライブとは 1

プロ野球、海外サッカー、Bリーグ、テニスなどの人気のスポーツが、月額980円から見放題の動画配信サービス「スポナビライブ」。 今なら1ヶ月無料で試すことができます。最低利用期間もありません! ここでは ...

スポナビライブとDAZN 2

※スポナビライブのサービス終了に伴い、スポナビライブで配信していたプロ野球とBリーグの放送は、引き続きDAZN(ダゾーン)で配信されます。 参考DAZN(ダゾーン)徹底解説の記事はこちらDAZN(ダゾ ...

3

プロ野球の試合放送を視聴することができる「スポナビライブ」と「パ・リーグTV」を比較してみました。 両サービスの、コンテンツ内容、月額料金、画質、視聴環境を比較!どちらサービスを契約すれば良いか迷って ...

スポナビライブATPワールドツアー 4

テニス錦織圭選手のATPワールドツアーの試合を視聴するならスポナビライブ! そこで今回は、スポナビライブが配信しているATPワールドツアーの配信内容について解説していきます。 スポナビライブのサービス ...

5

スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する製品の選び方をまとめてみました。スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する方法を調べてみたけど、なんかややこしくて良く分からない・・・という方は多いと思います。 ...

-テニス

Copyright© スポナビライブガイド【Sportsnavi Live Guide】 , 2018 All Rights Reserved.