スポナビライブの口コミ・評判や使い方と料金などを紹介する情報サイトです

スポナビライブ口コミ・評判

2017年プロ野球オープン戦をライブ放送!速報・中継・結果を見るならスポナビライブ!【1ヶ月無料】

更新日:

2017年プロ野球オープン戦をライブ放送!速報・中継・結果を見るならスポナビライブ!【1ヶ月無料】
2017年プロ野球、2月1日から沖縄、宮崎、アリゾナで12球団のキャンプが一斉に始まり、2月の後半から2017年の注目選手をいち早く見ることができるオープン戦が開催されます。そんなオープン戦を見るにはスポナビライブがおすすめ!

  • だれでも初回1カ月無料で利用できる
  • 2017年プロ野球オープン戦74試合(全107試合中)が視聴できる
  • どこでも視聴できる(スマホ・タブレット、テレビ、パソコン)
  • 見逃しても1週間分は好きなときに何度でも視聴できる
  • 契約・解約も簡単
  • その他のスポーツも追加料金無しで視聴できる

スポナビライブ公式サイト

そこで今回は2017年プロ野球オープン戦の見どころを紹介しつつ、スポナビライブで観戦するメリットも紹介します。

2017年プロ野球オープン戦の見どころは?

2017年プロ野球オープン戦の見どころ

2月1日から沖縄、宮崎、アリゾナで12球団のキャンプが一斉に始まりました。プロ野球関係者たちの年明けとなるキャンプイン。

約1ヶ月ほど温暖な地でキャンプが行われ、その後2月の後半から開幕1週間前までオープン戦が開催されます。オープン戦は正式名称を春季非公式試合といい成績などは反映されません。

ベテラン選手にとっては調整の場となり若手選手にとってはアピールの場となります。また、外国人選手にとっても正念場となり、ここで活躍ができないと外国人枠に残れず二軍スタートとなってしまうのです。

そのオープン戦の見どころは新戦力のチェックが挙げられます。ドラフトで獲得した新人選手はここでチャンスが与えられ好成績を残しアピールを行えば一軍入りがぐっと近づくのです。

また、前年のシーズン終了後に行われた、ウインターリーグや国際試合で活躍した若手選手たちの成長をオープン戦で確認することができます。こういった監督、コーチといった首脳陣へ最後のアピールの場となるのがオープン戦なのです。

オープン戦での結果が若手選手にとっては一年を決めると言っても過言ではありません。オープン戦で活躍し、開幕一軍を目指すために躍動する選手たちに注目です。

スポナビライブ2017年プロ野球オープン戦の放送内容

スポナビライブ2017年プロ野球オープン戦の放送内容

スポナビライブは、2017年プロ野球オープン戦を配信することが決定しました。そこでスポナビライブが放送する2017年プロ野球オープン戦の内容を紹介します。

配信対象の球団

スポナビライブが中継するオープン戦は74試合(全107試合中)で、下記10球団が主催する試合です。巨人、広島が主催する試合とその他球団の一部試合は中継しませんが、オープン戦のほとんどをカバーできている感じです。

  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 東京ヤクルトスワローズ
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ

広島主催試合はDAZN、巨人主催試合は hulu で観ることができます。

独自のニュース番組で試合結果を放送

スポナビライブは独自のニュース番組「スポナビ LIVE NEWS」を配信しており、毎試合の結果を解説しダイジェストで振り返ります。全球団のオープン戦の結果も解説してくれるので、開幕前のチーム・選手の状態を確認できます(好きなときに視聴できるので、通勤・通学時に確認できます)

プロ野球以外のスポーツも番組内で解説してくれるので、スポーツ全般の最新情報を一挙に得られるというメリットがあります。またゲストを交えての解説などユーモアたっぷりのスポーツニュース番組です。

スポナビライブとは?

スポナビライブ

スポナビライブは、人気スポーツ生中継動画配信サービスです。インターネット配信のためアンテナ等の設置も不要で、契約完了後すぐにスマホ・タブレット・TV(テレビ)・PC(パソコン)でサービスをお楽しみできます。さらに、さまざまなスポーツを追加料金無しで楽しむことができ、過去1週間分の試合を無料で何度でも視聴することができます。

スポナビライブの月額料金【初回1カ月無料】

スポナビライブは、ソフトバンクとYahoo!JAPANが共同で運営しているため、どちらかのサービスを利用していれば月額料金が安くなるという特徴があります。

契約内容 月額料金
ソフトバンク、ワイモバイル(*)のスマホ・タブレットを利用している方 980円
他社のスマホ・タブレットで、Yahoo!プレミアムに契約している方 980円
上記以外の方 1,480円

* ワイモバイルは「スマホプラン」「データプラン」「Enjoyパック」契約者が対象

スポナビライブは、だれでも初回1カ月無料で利用できます。もし満足できなかった場合、初回1カ月以内であれば解約しても月額料金は無料(*)です。

* データ通信料はかかります。Wi-Fi環境であればデータ通信料を気にすることなく利用できます。

スポナビライブの契約(会員登録)の方法

スポナビライブ公式サイトから簡単に契約(会員登録)ができます。申し込みから契約完了まで数十分で終わり、契約完了後は即スポナビライブをお楽しみできます。

また、スポナビライブはインターネット動画配信のため、アンテナ等機器の設置もありません。加入料なども一切ありませんので初期費用は0円です。

スポナビライブの解約方法は?解約金は発生しない?

スポナビライブの公式サイトから簡単に解約できます。(数分で終わります) 解約金も一切ありませんのでご安心を。

スポナビライブの視聴方法

スポナビライブは、スマホ・タブレットの他に、TV(テレビ)、PC(パソコン)からも視聴が可能になりました。そこでそれぞれの視聴方法を紹介します。

2017年2月8日スポナビライブは、機能拡充を発表しました。機能拡充により2017年3月16日以降フルHD対応に加え、さまざまなデバイスでTV(テレビ)視聴が可能になります。(詳細情報が入り次第追記します)

スマホ・タブレット(アプリ)で視聴する方法

スマホ・タブレットから視聴するには、専用アプリのインストール(無料)を行います。見た目もシンプルで分かりやすく誰でも使いこなせるようになっています。iPhone、iPadご利用の方は「App Store」から、Androidご利用の方は「Google Play™」からダウンロードが可能です。

スポナビライブのアプリはとても評判が良いです。(この手のアプリは基本的にあまり評判が良くないのですが)App Storeではレビュー件数が200件を超えており、総合評価★4.5でほとんどの方は満点の★5を付けています。

無料でダウンロードできますので、ぜひ一度お試しください。

PC(パソコン)で視聴する方法

スポナビライブ契約(会員登録)完了後、スポナビライブ公式サイトからログインすることで、簡単にPC(パソコン)からもスポナビライブを利用できます。PC(パソコン)画面も、スマホ・タブレットのスポナビライブアプリとほとんど同じです。

インターネットに接続されているPC(パソコン)であればどこからでも利用できますし、画面が大きいのがメリットです!

TV(テレビ)で視聴する方法

スポナビライブをTV(テレビ)に出力するには、別途スマホ・タブレットとTV(テレビ)を接続する機器が必要になります。スマホ・タブレットをTV(テレビ)に出力する機器はたくさんありますので、以下を参考にしてください。

▼参考ページ▼
【完全版】スポナビライブをテレビで見る方法6選!選び方をまとめて紹介!!

2017年プロ野球オープン戦の日程

2017年プロ野球オープン戦の日程と、スポナビライブが中継する予定をまとめましたので紹介します。

スポナビライブが中継するオープン戦は74試合(全107試合中)です。巨人、広島が主催する試合とその他球団の一部試合は中継しませんが、試合のほとんどをカバーできている感じです。

黄色い網掛けは「スポナビライブ」で中継予定です。

日付 対戦 場所
3/1/(水) 18:00 日本ハム vs 中日 札幌D
3/2/(木) 18:00 日本ハム vs 中日 札幌D
3/4/(土) 14:00 日本ハム vs 巨人 札幌D
13:00 楽天 vs DeNA 倉 敷
13:00 ヤクルト vs ソフトバンク 鹿児島
14:00 中日 vs ロッテ ナゴヤD
3/5/(日) 13:00 日本ハム vs 巨人 札幌D
13:00 楽天 vs DeNA 倉 敷
13:30 ソフトバンク vs ヤクルト 北九州
14:00 中日 vs ロッテ ナゴヤD
13:00 阪神 vs 広島 甲子園
3/7/(火) 13:00 中日 vs 巨人 小 牧
13:00 阪神 vs ヤクルト 甲子園
13:00 楽天 vs ロッテ 倉 敷
18:00 ソフトバンク vs 日本ハム ヤフオクD
3/8/(水) 13:00 中日 vs 巨人 岡 崎
13:00 阪神 vs ロッテ 甲子園
13:00 オリックス vs DeNA ほっと神戸
13:00 楽天 vs ヤクルト 倉 敷
13:00 広島 vs 西武 マツダ
18:00 ソフトバンク vs 日本ハム ヤフオクD
3/9/(木) 13:00 阪神 vs ロッテ 甲子園
13:00 オリックス vs DeNA 姫 路
13:00 楽天 vs ヤクルト 倉 敷
13:00 広島 vs 西武 マツダ
18:00 ソフトバンク vs 日本ハム ヤフオクD
3/10/(金) 13:00 オリックス vs 巨人 ほっと神戸
3/11/(土) 13:00 DeNA vs ロッテ 横 浜
13:00 阪神 vs 西武 甲子園
13:00 オリックス vs 巨人 ほっと神戸
13:00 日本ハム vs 楽天 丸 亀
13:00 広島 vs ヤクルト 福 山
13:00 ソフトバンク vs 中日 ヤフオクD
3/12/(日) 13:00 DeNA vs ロッテ 横 浜
13:00 阪神 vs 巨人 甲子園
13:00 オリックス vs 西武 京セラD
13:00 楽天 vs 日本ハム 倉 敷
13:00 広島 vs ヤクルト マツダ
13:00 ソフトバンク vs 中日 ヤフオクD
3/14/(火) 13:00 日本ハム vs DeNA 札幌D
13:00 西武 vs 中日 西武D
13:00 ロッテ vs ヤクルト ZOZOマリン
13:00 楽天 vs 広島 明 石
18:00 阪神 vs オリックス 京セラD
13:00 ソフトバンク vs 巨人 長 崎
3/15/(水) 18:00 日本ハム vs DeNA 札幌D
13:00 西武 vs 中日 西武D
13:00 ヤクルト vs ロッテ 神 宮
13:00 楽天 vs 広島 静 岡
18:00 オリックス vs 阪神 京セラD
18:00 ソフトバンク vs 巨人 ヤフオクD
3/16/(木) 18:00 日本ハム vs DeNA 札幌D
13:00 楽天 vs 広島 静 岡
18:00 ソフトバンク vs 巨人 ヤフオクD
3/17/(金) 13:00 ヤクルト vs オリックス 神 宮
13:00 中日 vs 阪神 ナゴヤD
3/18/(土) 13:00 西武 vs ソフトバンク 西武D
13:00 ロッテ vs 巨人 ZOZOマリン
13:00 ヤクルト vs 楽天 神 宮
13:00 DeNA vs 阪神 横 浜
14:00 中日 vs オリックス ナゴヤD
13:00 広島 vs 日本ハム マツダ
3/19/(日) 13:00 西武 vs 巨人 西武D
13:00 ロッテ vs 楽天 ZOZOマリン
13:00 ヤクルト vs 阪神 神 宮
13:00 DeNA vs ソフトバンク 横 浜
14:00 中日 vs オリックス ナゴヤD
13:00 広島 vs 日本ハム マツダ
3/20/(月) 13:00 西武 vs 楽天 西武D
13:00 ロッテ vs 阪神 ZOZOマリン
13:00 ヤクルト vs 巨人 神 宮
13:00 DeNA vs ソフトバンク 横 浜
14:00 中日 vs 日本ハム ナゴヤD
13:00 広島 vs オリックス マツダ
3/22/(水) 13:00 巨人 vs 日本ハム 伊 勢
13:00 ロッテ vs 中日 ZOZOマリン
13:00 ヤクルト vs 西武 神 宮
13:00 DeNA vs 楽天 横 浜
18:00 オリックス vs 広島 京セラD
18:00 ソフトバンク vs 阪神 ヤフオクD
3/23/(木) 18:00 巨人 vs 日本ハム 東京D
13:00 西武 vs 中日 西武D
13:00 ヤクルト vs 楽天 神 宮
13:00 DeNA vs ロッテ 横 浜
18:00 オリックス vs 広島 京セラD
18:00 ソフトバンク vs 阪神 ヤフオクD
3/24/(金) 13:00 オリックス vs 阪神 京セラD
13:00 ソフトバンク vs 広島 ヤフオクD
3/25/(土) 14:00 日本ハム vs ヤクルト 札幌D
13:00 西武 vs DeNA 横 浜
14:00 巨人 vs ロッテ 東京D
14:00 中日 vs 楽天 ナゴヤD
13:00 阪神 vs オリックス 京セラD
13:00 ソフトバンク vs 広島 ヤフオクD
3/26/(日) 13:00 日本ハム vs ヤクルト 札幌D
13:00 西武 vs DeNA 横 浜
14:00 巨人 vs ロッテ 東京D
14:00 中日 vs 楽天 ナゴヤD
14:00 オリックス vs 阪神 京セラD
14:00 広島 vs ソフトバンク マツダ

2017年プロ野球開幕前に要チェック!復活を望む注目選手を紹介

2016年シーズンに結果を残すことを来されたものの、ケガや不調で成績を残すことができなかった選手たち。かつての輝きを取り戻すためにオフシーズンはトレーニングに励んでいました。

その成果をキャンプ、オープン戦で発揮し、開幕一軍からシーズンでの復活に期待したい選手を5名ご紹介します。この5名が復活することでチームは戦力アップとなり、クライマックスシリーズ進出、優勝へ一歩近づくそんな選手たちです。

松坂大輔(ソフトバンク/投手)

「平成の怪物」として埼玉西武ライオンズへ入団。華々しい実績を残しメジャーリーグへ移籍した松坂大輔選手。

ワールドチャンピオンにも輝き2014年オフに日本球界へ復帰し福岡ソフトバンクホークスへ入団します。しかし、右肩の調子が上がらず2年間での登板はわずか1試合。

今シーズンは契約最終年でもあり復活に期待がかかります。キャンプにも秋から9キロ体重を絞って登場するなど気合十分。ブルペンでの投げ込みも順調で開幕一軍を狙います。

杉内俊哉(巨人/投手)

福岡ソフトバンクホークスから読売ジャイアンツへFAで移籍した杉内俊哉選手。

2015年のシーズン中に右股関節の手術を行い2016年シーズンはプロ入り後初めてと一軍登板が0試合に終わりました。二軍では2016年ソーズン中に復帰。

秋季キャンプでは高橋由伸監督の前でブルペン投球を行うなど復調間近です。春季キャンプでは二軍スタートですがアピールを行っており2年ぶりの一軍登板、そしてローテーション入りを目指します。

岩瀬仁紀(中日/投手)

井口資仁選手(ロッテ)と並び現役最年長投手となった岩瀬仁紀選手。

NPB史上最多となる402セーブを挙げていますが2015年シーズンは左ヒジの故障により登板なし。2016年シーズンは復帰したものの全盛期のような投球はできず、15試合で0勝2敗0S2H、防御率6.10の成績でした。

2016年終了現在で904試合登板となっており通算最多登板試合まで残り45試合です。2017年は登板を積み重ねての記録更新が期待されます。

浅尾拓也(中日/投手)

度重なる右肩痛により2014年以降、不本意な成績が続いていた浅尾拓也選手。

2011年にリーグ最多の79試合に登板し45ホールド、防御率0.41の成績でMVPとなった面影がありません。2016年シーズンはプロ入り後初めて一軍登板がなくあとがありません。

このシーズンオフには現役時代に浅尾選手と同じく右肩痛に苦しんだ元オリックス・バファローズの馬原孝浩氏のもとで自主トレを行いました。2017年シーズンは肩の故障を癒やし2年ぶりの一軍登板を果たすことに期待します。

畠山和洋(ヤクルト/内野手)

2016年シーズンはキャンプイン直後の2月4日にぎっくり腰で戦線離脱した畠山和洋選手。

開幕には間に合ったものの、調子が上がらずに骨折し二軍でリハビリを行いますが、アキレス腱も痛めてしまいシーズンを棒に振ってしまいました。2017年シーズンは畠山選手と同じ一塁のポジションを守る新外国人グリーン選手が加入。

決して、レギュラー安泰ではありません。ライバルとの競争に勝ち抜き復活してくれること期待が高まります。

2017年プロ野球開幕前に要チェック!注目のルーキーを紹介

2016年のドラフト会議で新しいプロ野球選手が誕生しました。各選手ともに新人合同自主トレ、キャンプを経てオープン戦に臨みます。開幕一軍入りを目指しアピールが求められる注目のルーキーを5名ご紹介します。

この5名は入団時から期待が掛けられており開幕一軍だけではなく、新人王まで期待されている選手たちです。オープン戦での活躍、そしてシーズンを追ってみることをオススメしたい選手たちです。

佐々木千隼(ロッテ/投手)

史上初となるハズレ1位での5球団競合の末に千葉ロッテマリーンズへ入団した佐々木千隼選手。

都立日野高校から桜美林大学を経てプロ野球の世界へ飛び込みました。都立高校出身者、桜美林大学出身者として初のドラフト1位指名にもなっています。

1年目から先発ローテーション入りが期待されており、石垣島で行われている一軍キャンプにも参加。順調にブルペンでの投球を行っています。

サイドから投げ込む150キロ近いストレートに切れ味鋭いシンカー、スライダーに注目です。まずは開幕一軍を目指し、ロッテでは2014年石川歩選手以来の新人王を狙います。

田中正義(ソフトバンク/投手)

2016年ドラフトで最大の目玉投手だった創価大学出身の田中正義選手。

5球団競合した結果、福岡ソフトバンクホークスに入団が決まりました。大学時代に肩の故障があり心配されていましたが、新人合同自主トレから投げ込みを行いソフトバンクのキャンプでも一軍に帯同。故障なく順調にメニューをこなしています。

キャンプ中盤には初めてフリー打撃にも登板し、対戦した打者のバットを2本へし折るなど噂通りの剛球を披露。実戦での登板が待たれます。

同じ大卒の佐々木千隼選手(ロッテ)と比較されますが、自分自身のペースで調整を行う田中選手に期待大です。

柳裕也(中日/投手)

明治大学においてエースで主将を務めドラフト会議では中日ドラゴンズと横浜DeNAベイスターズの2球団競合となった柳裕也選手。森繁和新監督が当たりくじを引き中日への入団が決まります。

明治大学で主将を務め中日に入団をした投手といえば星野仙一楽天副会長、川上憲伸氏がおり、柳選手にも同様の活躍が期待されているのです。最速150キロのストレートに大きく割れるカーブが生命線となる柳選手。

キャンプで初の実戦登板となったシート打撃では先頭打者に本塁打を浴びるなど乱調。プロの洗礼を浴びました。オープン戦に向けて調整を行うことに期待がかかります。

山岡泰輔(オリックス/投手)

NPB史上初のオープン戦、ペナントレース、交流戦、二軍全てにおいて最下位となったオリックス・バファローズ。ドラフトでは1位、2位で即戦力先発投手を獲得し上位浮上を狙います。

その、1位指名となったのが社会人野球の強豪である東京ガスのエース・山岡泰輔選手です。広島新庄高校時代には甲子園にも出場。ダルビッシュ有選手(レンジャーズ)からもスライダーを絶賛されていましたが、プロ志望届は提出せずに社会人へ進みます。

3年間の時を経てプロ入りを果たした山岡選手にオリックスの上位浮上がかかっています。

大山悠輔(阪神/内野手)

右の大砲候補として阪神タイガースが獲得した大山悠輔選手。スポーツ紙などの報道では投手を1位指名すると予想されていたにも関わらず金本知憲監督が惚れ込んでの単独1位指名。

白鴎大学時代には大学日本代表の4番打者を務めるなど長距離砲として活躍していた未来の主砲候補です。フリー打撃ではバットをへし折られ前に飛ばすことができず、初の紅白戦では三打数無安打とプロの洗礼を浴びている大山選手。

キャンプ後のオープン戦では結果が求められます。長距離砲としての存在感を見せてくれるかどうかに注目が集まります。

2017年プロ野球オープン戦の注目の試合を紹介

2月25日に沖縄県の各球場で4試合が行われ2017年シーズンのオープン戦が開幕します。まさに球春到来です。3月26日まで約1ヶ月間に渡って行われるオープン戦ですが、その中でも注目したい4試合をご紹介します。

2月25日のオープン戦開幕日に1試合だけ12時30分プレーボールと30分早く開始するのが、2016年シーズンにセリーグ優勝を果たした広島と最下位中日の一戦です。森繁和監督に変わった初戦にチャンピオンに挑みます。

3月12日には2017年初めてとなる伝統の一戦、阪神対巨人が甲子園球場で行われます。2016年シーズンは甲子園球場で巨人に対し阪神は9連敗を喫するなど相性が悪かったこともあるので巻き返しに期待です。

3月14日には西武ドームで西武対中日の新監督対決が行われます。西武の辻発彦監督は2016年シーズンまで中日のコーチを務めており古巣との対戦ということにもなります。新監督同士の采配に注目です。

3月19日にマツダスタジアムで行われる広島対日本ハムの試合は昨年の日本シリーズの再戦です。マツダスタジアムで敗れた広島が日本ハムにリベンジできるのかに注目が集まります。

2017年プロ野球オープン戦のチケットの取り方は?

オープン戦のチケットは各球団のホームページから購入することが可能です。また、チケットぴあ、ローチケ、イープラス、セブンチケットなどの各種チケットサービスからも購入は可能となっています。

おすすめのオンラインチケット販売サイトはStubHubです。チケットぴあやローチケよりもつながりやすく色んなスポーツのチケットを購入することができます。
【StubHubでオンラインチケット購入】

平日であれば球場で当日券を買うことでも入場は可能です。しかし、土日の人気カードによっては完売の可能性もありますので事前にインターネットで購入するのがおすすめです。

指定席ではなく自由席がメインとなりますので友人、ご家族で行かれる場合は球場に早めに行かないと並んで座れないこともあるので注意が必要となります。値段もレギュラーシーズンの試合よりも安く設定されていることが多く、手頃な価格で試合観戦が楽しむことができます。

球団によっては有料のファンクラブに入ることでオープン戦を無料観戦できるサービスを行っていることもあります。チケットを購入するよりもファンクラブに入会したほうが、オトクな場合もあるほどです。

夕方以降が寒いということもあり、屋外の球場で行われる平日の試合はデーゲームで行われるために空いている場合がほとんどです。そのため、人気のカードや普段、座ることのできない人気のある席種も格安価格で手に入れることが可能となっています。

まとめ

2017年プロ野球オープン戦の見どころと、スポナビライブで観戦するメリットを紹介してきましたがいかがでしたか?

さらにスポナビライブは、2017年2月8日機能拡充を発表しました。機能拡充により2017年3月16日以降フルHD対応に加え、さまざまなデバイスでTV(テレビ)視聴が可能になります。2017年は、スポナビライブでプロ野球(その他スポーツ)を観戦する環境はますます良くなるでしょう!

初回1ヶ月は無料なので、まずは試しに申し込んで試合を見てみてください。もし満足できなかったら解約しても月額0円なので安心です。

以上、2017年プロ野球オープン戦の見どころと、スポナビライブで観戦するメリットでした。

おすすめ記事

スポナビライブとは 1

プロ野球、海外サッカー、Bリーグ、テニスなどの人気のスポーツが、月額980円から見放題の動画配信サービス「スポナビライブ」。 今なら1ヶ月無料で試すことができます。最低利用期間もありません! ここでは ...

2

プロ野球の試合放送を視聴することができる「スポナビライブ」と「パ・リーグTV」を比較してみました。 両サービスの、コンテンツ内容、月額料金、画質、視聴環境を比較!どちらサービスを契約すれば良いか迷って ...

ATPワールドツアー 3

人気スポーツ生中継動画配信サービス「スポナビライブ」が2017年ATPワールドツアーを大々的に放送することが決定!ATPワールドツアーを見るならスポナビライブがおすすめ! なぜスポナビライブが一番良い ...

スポナビライブとDAZN 4

ソフトバンクが運営するスポナビライブに対して、ドコモがJリーグ配信を目玉としてDAZN(ダゾーン)の運営を開始しました。 スポーツファンにとっては選択肢が広がるので嬉しいですが、どっちのサービスを契約 ...

5

スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する製品の選び方をまとめてみました。スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する方法を調べてみたけど、なんかややこしくて良く分からない・・・という方は多いと思います。 ...

-プロ野球

Copyright© スポナビライブ口コミ・評判 , 2017 All Rights Reserved.