スポナビライブの口コミ・評判や使い方と料金などを紹介する情報サイトです

スポナビライブ口コミ・評判

プロ野球中継・速報・試合結果動画はスポナビライブ!ニュース情報・ハイライト動画も放送!【1ヶ月無料】

更新日:

プロ野球の速報・中継・試合結果動画はスポナビライブ!ニュース情報・ハイライト動画も放送!

2017年プロ野球を観戦するにはスポナビライブがおすすです!

スポナビライブがおすすめな理由は?
  • だれでも初回1ヶ月無料で利用できる
  • どこでも視聴できる(スマホ・タブレット、テレビ、パソコン)
  • 見逃しても1週間分は好きなときに視聴できる
  • プロ野球のコンテンツが豊富
  • その他のスポーツも追加料金無しで視聴できる
  • 契約・解約も簡単

スポナビライブ公式サイト

そこで今回は、2017年プロ野球の見どころと、スポナビライブで観戦するメリットを紹介します。

2017年プロ野球の見どころは?

2017年プロ野球の見どころ

ここでは2017年のセ・パリーグの見どころと、プロ野球界の注目ポイントも紹介します。

2017年プロ野球セ・リーグの見どころ

25年ぶりの優勝を飾った広島東洋カープに連覇をさせまいとまず、読売ジャイアンツが大型補強を敢行しました。トレードを2件成立させ、史上初めてFAで3名を獲得。

さらには投打ともにメジャーリーガーを補強し王座奪回に燃えています。横浜DeNAベイスターズは山口俊選手が抜けましたが若手が多く上積みに期待といったところでしょうか。

Bクラスなった阪神タイガース、東京ヤクルトスワローズ、中日ドラゴンズもドラフト、外国人と補強しており差は縮まっています。黒田博樹選手が引退したものの精神的支柱に新井貴浩選手を据え周りを若手中心で固めた勢いのある広島東洋カープ、そして、大型補強の読売ジャイアンツを他4球団が逃がさないためにどのような包囲網を敷いてくるのかに注目です。

2017年プロ野球パ・リーグの見どころ

北海道日本ハムファイターズが大逆転優勝を飾った2016年のペナントレース。福岡ソフトバンクホークスを始めとした各球団は補強を進めパ・リーグ制覇を狙います。

そのなかで注目は大谷翔平選手の抑え方でしょう。投手大谷選手を打ち、野手大谷選手を抑えることで勝機が生まれます。

各球団の対策に注目です。また、FAにより東北楽天ゴールデンイーグルスが岸孝之選手を獲得。

則本昂大選手とのダブルエースは脅威となりパ・リーグの台風の目となるかもしれません。千葉ロッテマリーンズ、オリックス・バファローズは即戦力の新人投手に期待でき2ケタ勝利が見込めると面白くなりそうす。

埼玉西武ライオンズは若手投手陣が岸選手の穴をどれだけ埋めることができるのかにかかっています。

2017年プロ野球界の注目ポイント

2017年は記録ラッシュのシーズンとなるかもしれません!?2,000本安打を達成する可能性のある選手5名に注目!

  • 中日 荒木雅博(残り39本)
  • ロッテ 福浦和也(残り68本)
  • 巨人 阿部慎之介(残り83本)
  • ソフトバンク 内川聖一(残り104本)
  • 阪神 鳥谷敬(残り128本)

スポナビライブとは?

スポナビライブ
スポナビライブは、人気スポーツ生中継動画配信サービスです。さまざまなスポーツを追加料金無しで楽しむことができ、過去1週間分の試合を無料で何度でも視聴することができます。

2016年3月よりサービスを開始し、当初はスマホ・タブレット向けのサービスでしたが、現在は以下の方法でスポナビライブをお楽しみいただけます。

  • スマートフォン・タブレット端末で視聴可能
  • TV(テレビ)で視聴可能(*)
  • PC(パソコン)で視聴可能

* TV(テレビ)で視聴するには別途接続機器の購入が必要

スポナビライブの月額料金【初回1カ月無料】

スポナビライブは、ソフトバンクとYahoo!JAPANが共同で運営しているため、どちらかのサービスを利用していれば月額料金が安くなるという特徴があります。

契約内容 月額料金
ソフトバンク、ワイモバイル(*)のスマホ・タブレットを利用している方 980円
他社のスマホ・タブレットで、Yahoo!プレミアムに契約している方 980円
上記以外の方 1,480円

* ワイモバイルは「スマホプラン」「データプラン」「Enjoyパック」契約者が対象

スポナビライブは、だれでも初回1カ月無料で利用できます。もし満足できなかった場合、解約しても月額料金は無料(*)です。

* データ通信料はかかります。Wi-Fi環境であればデータ通信料を気にすることなく利用できます。

スポナビライブの契約(会員登録)の方法は?

スポナビライブの契約(会員登録)は簡単です。

  • 申し込みから契約完了まで数十分
  • 契約完了後は即スポナビライブが利用できる

またスポナビライブはインターネット動画配信のため、アンテナ等機器の設置等もありません。

スポナビライブの解約方法は?解約金は発生しない?

スポナビライブ公式サイトから簡単に解約できます。(数分で終わります)さらに解約金も一切ありませんのでご安心を。

スポナビライブの視聴方法は?

スポナビライブは、スマホ・タブレットの他に、TV(テレビ)、PC(パソコン)からも視聴が可能になりました。そこでそれぞれの視聴方法を紹介します。

2017年2月8日スポナビライブは、機能拡充を発表しました。機能拡充により2017年3月16日以降フルHD対応に加え、さまざまなデバイスでTV(テレビ)視聴が可能になります。(詳細情報が入り次第追記します)

スマホ・タブレット(アプリ)で視聴する方法

スマホ・タブレットから視聴するには、専用アプリのインストール(無料)を行います。見た目もシンプルで分かりやすく誰でも使いこなせるようになっています。iPhone、iPadご利用の方は「App Store」から、Androidご利用の方は「Google Play™」からダウンロードが可能です。

スポナビライブのアプリはとても評判が良いです。(この手のアプリは基本的にあまり評判が良くないのですが)App Storeではレビュー件数が200件を超えており、総合評価★4.5でほとんどの方は満点の★5を付けています。

無料でダウンロードできますので、ぜひ一度お試しください。

PC(パソコン)で視聴する方法

スポナビライブ契約(会員登録)完了後、スポナビライブ公式サイトからログインすることで、簡単にPC(パソコン)からもスポナビライブを利用できます。PC(パソコン)画面も、スマホ・タブレットのスポナビライブアプリとほとんど同じです。

インターネットに接続されているPC(パソコン)であればどこからでも利用できますし、画面が大きいのがメリットです!

TV(テレビ)で視聴する方法

スポナビライブをTV(テレビ)に出力するには、別途スマホ・タブレットとTV(テレビ)を接続する機器が必要になります。スマホ・タブレットをTV(テレビ)に出力する機器はたくさんありますので、以下を参考にしてください。

スポナビライブ2017年プロ野球の放送内容は?

スポナビライブプロ野球の放送内容

2016年からスポーツ生中継放送を開始したスポナビライブ、2017年プロ野球を大々的に放送します。そこでスポナビライブが放送するプロ野球の放送内容と、スポナビライブでしか見ることができない情報を紹介します。

プロ野球10球団の主催試合を生中継放送

スポナビライブは、下記球団の公式戦を配信していきます。さらにキャンプ(春秋)、オープン戦、クライマックスシリーズも配信します。

  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 埼玉西武ライオンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルスv
  • 東京ヤクルトスワローズv
  • 阪神タイガース
  • 中日ドラゴンズ
  • 横浜DeNAベイスターズ

巨人、広島の主催試合は放送されませんが、ビジター約70試合(全143試合中)は視聴可能です。

スポナビライブ独自のピックアップ動画を放送

さらにスポナビライブ独自のピックアップ動画もあります。練習中にこんなことがあったよなど、Twitterでつぶやいてくれるのでリアルタイムで楽しめます。(他では絶対にみることができない情報です)

球春危機一髪

松坂大輔投手への返球ボールが、工藤監督と東尾さんに当たりそうになるショート動画も放送してくれました。これには松坂大輔投手も笑い、久しぶりに松坂大輔投手の満面の笑みを見ることができました!

西武時代の恩師、東尾さんとのツーショットも、いろいろと込み上げてくるものがありました。ぜひ今年は活躍してもらいたいです。

独自のニュース番組で試合結果を放送

スポナビライブは独自のニュース番組「スポナビ LIVE NEWS」を配信しており、毎試合の結果を解説しダイジェストで振り返ります。好きなときに視聴できるので、通勤・通学時でも楽しめます。

スポナビ LIVE NEWS

プロ野球以外のスポーツも番組内で解説してくれるので、スポーツ全般の最新情報を一挙に得られるというメリットがあります。またゲストを交えての解説など、ユーモアたっぷりのスポーツニュース番組です。

ハイライト動画・ダイジェスト動画を放送

スポナビライブ独自に編集した好プレー集や、ホームラン集などのハイライト動画・ダイジェスト動画も放送しています。

ハイライト動画・ダイジェスト動画

なかなかプロの好プレーを見る機会がなくなってきたので、これは本当にうれしいサービスです。

春季・秋季キャンプ・オープン戦・各球団のイベントを生中継放送

公式戦だけでなく、オフシーズンもプロ野球が楽しめます!

スポナビライブでは、春季・秋季キャンプ、オープン戦も生中継で放送します。キャスターによる選手個別インタビューもあり、普段絶対に見ることができない選手の素顔も垣間見ることができます。

春季・秋季キャンプ・オープン戦・各球団のイベントを生中継放送

さらに各球団のイベント(ファンフェスティバルや新人入団会見など)も生中継で放送してくれます。仕事だったり、地方に住んでいてイベントに参加することが困難な方にとってとてもうれしいサービスです。

プロ野球大好き芸能人さんの企画動画も満載

スポナビライブは芸能人の方の出演が多いです。お笑い芸人の方やアイドルの方などが出演してくれますので、華やかで面白い企画動画でプロ野球を盛り上げてくれます。

プロ野球大好き芸能人さんの企画動画も満載

お笑い芸人さんが普通にプロ野球を語ってしまいます。そのため基本的にお笑いはないです(笑)みなさん本当にプロ野球が大好きで感心するほど詳しい方ばかりです。

2017年プロ野球の各球団注目情報

昨シーズンは北海道日本ハムファイターズが10年ぶりの日本一に輝き大谷翔平選手に湧いた一年となりました。

今シーズンはプロ野球開幕前に第4回WBCもあり調整が難しくシーズンへの影響もありそうです。例年以上に予想が難しい年ではありますがここで各球団の注目情報を簡単に紹介します。

広島東洋カープ

広島東洋カープは昨シーズン25年ぶりのセ・リーグ制覇を果たし、今シーズンは連覇に挑みます。先発投手陣では黒田博樹選手が引退しますが、代役として大瀬良大地選手が先発に回ることが決定しており期待大です。

打撃陣では鈴木誠也選手が「神ってる」活躍を続けられるのかに注目が集まります。侍ジャパンで一回り大きくなって返ってくることに期待です。

読売ジャイアンツ(読売巨人軍)

「優勝できなかったのはフロントの責任。補強してねぇもん。」と渡辺恒雄最高顧問の鶴の一声から始まったオフの大補強。FA選手3人、外国人選手2人、トレードを2件と久々に読売ジャイアンツらしさが戻ってきました。

この大型補強による巨大戦力を2年目となる高橋由伸監督がどう起用するかに注目です。

横浜DeNAベイスターズ

ラミレス監督のもとで球団史上初のクライマックスシリーズ進出を果たした横浜DeNAベイスターズ。今シーズンは筒香嘉智選手を中心にその上を目指します。

ラミレス監督は石田健大選手を新年早々に開幕投手に指名。また、キーマンに石田選手の他に井納翔一選手、今永昇太選手を挙げ若手中心で勝利を掴みます。

阪神タイガース

金本知憲監督がスローガンとして「超変革」を掲げて臨んだ昨シーズンは4位に終わってしまいます。今シーズンは若手陣とFAで獲得した糸井嘉男選手、「虎のミスターを目指せ」と期待されているドラフト1位大山悠輔選手といった新戦力の融合に期待が高まります。

投手陣では藤浪晋太郎選手が不調から立ち直れるかが鍵となりそうです。

東京ヤクルトスワローズ

セ・リーグ連覇を狙ったものの5位に沈んでしまった昨シーズンの東京ヤクルトスワローズ。今シーズンの注目は外国人投手を3人獲得した投手陣の再生ができるか否かとなりそうです。

また、打撃陣では山田哲人選手の3年連続トリプルスリーに注目が集まります。前人未到の記録達成に期待大です。

中日ドラゴンズ

森繁和新監督が新監督に就任した中日ドラゴンズはFAで流出が噂された平田良介選手、大島洋平選手が揃って残留。ビシエド選手に加えメジャーリーガーのゲレーロ選手を獲得。

打線強化に成功しました。また、明治大学から獲得したドラフト1位の柳裕也選手は新人王候補の呼び声も高く初登板から注目です。

北海道日本ハムファイターズ(日本ハム)

10年ぶりの日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズ。中堅手の陽岱鋼選手がFAで移籍し外野のポジション争いが激しくなることが予想されますが、若手の成長も著しく穴は埋まりそうです。

今シーズンも上位争いを繰り広げることになるでしょう。しかし、WBCを辞退した大谷翔平選手の故障具合によっては投打の柱を失うことになり苦戦を強いられることも否定できません。

福岡ソフトバンクホークス

大逆転によって優勝を逃した福岡ソフトバンクホークス。今シーズンはドラフトで田中正義選手を獲得。

また、松坂大輔投手がハイペースで調整を進めるなど投手陣の強化が見込めそうです。千賀滉大選手、武田翔太選手、和田毅選手、バンデンハーク選手と4人のエース級投手に誰がローテーションに入るのか注目が集まります。

千葉ロッテマリーンズ

チーム80本塁打中24本塁打を放っていたデスパイネ選手が退団した千葉ロッテマリーンズ。パラデス選手、ダフィー選手を獲得し打撃力アップに務めました。

また、鈴木大地選手が遊撃手から二塁手へコンバートされ平沢大河選手が遊撃手として固定されそうです。平沢選手と心中するのか伊東勤監督の采配に注目が集まります。

埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズは10年近くエースを務めた岸孝之投手が移籍し先発投手陣たちの奮起に期待がかかります。なかでも菊池雄星投手は開幕投手に指名されており自覚十分です。

エースの座を確固たるものにできるのかに注目が集まります。また、2年目右腕の本田圭佑選手もオフシーズンにU-23W杯、ウインターリーグで結果を残しており先発候補として注目です。

東北楽天ゴールデンイーグルス

このオフに岸孝之投手を獲得した東北楽天ゴールデンイーグルス。昨シーズンは先発投手陣で貯金を作ることができませんでした。

しかし、今シーズンは則本昂大投手と岸投手のダブルエースで貯金を作り4年ぶりの日本一を目指します。また、野手陣たちも昨シーズンの外国人選手が健在で破壊力抜群です。

投打が噛み合えば上位進出も夢ではありません。

オリックス・バファローズ

史上初となるオープン戦、交流戦、シーズン、二軍と全てで最下位となったオリックス・バファローズ。今シーズンはドラフトで即戦力候補としての山岡泰輔投手、黒木優太投手を獲得しました。この2人のローテーション入りに注目です。

また、若き主砲である吉田正尚選手の豪快なスイングから描かれる放物線からも目が離せません。

2017年プロ野球の注目選手

プロ野球界には前年に活躍した選手、復活に賭ける選手、新たにプロへ入団した選手様々な選手が存在しているのです。各選手たちは今シーズンどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

ここで、2017年プロ野球の注目選手を紹介したいと思います。

大谷翔平

プロ野球の顔と言ってもいい北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手は残念ながらWBCは辞退となりましたが、シーズンでは日本一連覇へ向け投打での貢献をしてくれるでしょう。今シーズンオフにメジャー移籍も噂されており日本最後のシーズンとなるかもしれません。

山田哲人

NPB史上初となる2年連続トリプルスリーを達成した東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手。

昨シーズン終盤戦は死球の影響もあり不調に陥りました。しかし、今シーズンはWBCもあり調整は早めです。WBCそしてシーズン開幕からの活躍に期待が高まります。

坂本勇人

読売ジャイアンツの若き主将・坂本勇人選手は若手、ベテランをまとめ2012年以来の日本一を目指します。また、個人としては1973年、1974年の王貞治選手以来と球団史上43年ぶりとなる2年連続首位打者が目標となりそうです。

筒香嘉智

横浜DeNAベイスターズの4番打者である筒香嘉智選手は昨シーズン44本塁打を達成しており50本塁打に期待です。日本人選手の50本塁打は2002年の松井秀喜選手以来達成者はおらず15年ぶりの快挙に挑みます。

鈴木誠也

緒方孝市監督による「神ってる」の発言で大ブレイクした広島東洋カープの鈴木誠也選手。

昨シーズンは侍ジャパン日本代表も選出され飛躍の年となりました。今シーズンは昨シーズンの活躍がフロックではないことをみせてくれることに期待です。

松坂大輔

福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔選手は3年契約の3年目となり進退をかけたシーズンとなりそうです。オフには志願してプエルトリコのウインターリーグにも参加し身体は絞れています。

「平成の怪物」復活へファンの期待は膨らみます。

菊池雄星

岸孝之選手が抜けた埼玉西武ライオンズのエースとして期待される菊池雄星選手。メジャーリーグへ移籍したい要望を球団に出したことが報道されましたがそれに見合う成績を今シーズン残せるか注目が集まります。

則本昂大

2013年のルーキーイヤーから4年連続で開幕投手を務めている東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大選手。今シーズンはWBCもあり開幕投手をなるかは未定ですが、3年連続で獲得している最多奪三振のタイトルの継続を狙います。

田中正義

昨年秋のドラフト会議において5球団競合の末に福岡ソフトバンクホークスへ入団が決まった田中正義選手。

キャンプでも注目を浴びており早期の一軍登板が期待されています。大学時代にNPB二軍選抜を抑えた豪腕に注目です。

佐々木千隼

ハズレ1位ながら5球団が競合となり千葉ロッテマリーンズへ入団した佐々木千隼選手。

キャンプレのブルペン投球も好調となっており早い段階での一軍起用が予想されています。サイドスローから繰り出されるスライダー、シンカーに注目です。

2017年プロ野球オープン戦情報

プロ野球のオープン戦は2月25日に沖縄で開幕します。初日に組まれているのは4試合で中日対広島、日本ハム対阪神、ヤクルト対ロッテ、巨人対DeNAとなっています。

3月に入ると本州でもオープン戦が開催され、関東での初戦は3月11日に横浜スタジアムでDeNA対ロッテの試合です。また、オープン戦が最も多く組まれているのは日本ハムと中日の20試合で最少は西武の13試合となっています。

オープン戦はほぼデーゲームでの開催となっておりナイターはヤフオクドーム、京セラドーム、東京ドームでのみの実施です。3月26日まで合計107試合が行われ選手の調整、若手の見極めなどシーズンとは違った見どころが満載です。

スポナビライブは、オープン戦も中継します!

2017年プロ野球開幕日程

今シーズンはセ・パ同時開幕となっており3月31日のナイターでプロ野球が開幕します。

セ・リーグは全カード18時開始となっており、パ・リーグは全カード18時半開始と時間も統一されています。各球場では華やかなセレモニーが行われ場内を盛り上げてくれることでしょう。

各球団ともにエース級の投手がWBCに選出されている影響で開幕投手の予想も例年以上に難しくなりそうです。開幕カードは下記のとおりです。

2017年プロ野球セ・リーグ開幕日程

  • 巨人 対 中日(東京ドーム/18:00)
  • ヤクルト 対 DeNA(神宮/18:00)
  • 広島 対 阪神(マツダ/18:00)

2017年プロ野球パ・リーグ開幕日程

  • 日本ハム 対 西武(札幌ドーム/18:30)
  • オリックス 対 楽天(京セラドーム/18:30)
  • ソフトバンク 対 ロッテ(ヤフオクドーム/18:30)

2017年契約更改(年俸)情報

2月1日のキャンプイン前に全選手の契約更改が終わり自費キャンプはいなかった今年の契約更改。気になる選手の年俸をご紹介します。驚きのアップ額には目を見張るばかりです。(金額は推定)

菅野智之

読売ジャイアンツのエース菅野智之選手は2億3000万円(9800万円アップ)と2億円の大台に乗せました。大谷翔平選手がWBC日本代表を辞退したことで今年は日本のエースとしても期待がかかります。

筒香嘉智

横浜DeNAベイスターズ、そして侍ジャパンの主砲である筒香嘉智選手は3億円(2億円アップ)という驚きのアップ額で契約更改しました。今シーズンはWBCで世界一、チームでは日本一に導きます。

山田哲人

NPB史上初となる2年連続トリプルスリーを達成した山田哲人選手は東京ヤクルトスワローズ史上日本人最高年俸となる3億5000万円(1億3000万円アップ)で更改しました。

今シーズン3年連続達成となればどこまでアップするのでしょうか。要注目です。

鈴木誠也

「神ってる」で大ブレイクを果たした広島東洋カープの鈴木誠也選手は6000万円(1700万円アップ)で更改しました。今シーズンさらなる活躍ができれば来シーズンは大台となる1億円に手が届きそうです。

原口文仁

育成契約から支配下登録へと昇格し月間MVPも獲得。

正捕手まで後一歩まで上り詰めた阪神タイガースの原口文仁選手は2200万円(1720万円アップ)で更改。アップ率は358%となり球団最高を更新しています。

2017年プロ野球FA(移籍)情報

このオフシーズンにもFAで選手の移籍がありました。

新チームへ既に合流しており各選手ともに調整を続けています。ここで、今年オフのFA選手を振り返ります。

岸孝之

埼玉西武ライオンズからFA宣言し地元である仙台の東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍した岸選手。

則本昂大選手と並びエースとして先発を任されることになるでしょう。 伝家の宝刀カーブを武器に故郷に錦を飾る快投に期待です。

陽岱鋼

北海道日本ハムファイターズから読売ジャイアンツへ移籍した陽選手。

チームでは長らく不在だった中堅手のレギュラーをとして期待されています。WBCの出場も辞退し移籍1年目に備えるなど準備は万端です。

糸井嘉男

オリックスから阪神に移籍した糸井嘉男選手は自主トレ中に右ヒザ関節炎を発症。

キャンプでは初日から別メニュー調整を続けています。幸い重傷ではなく開幕スタメン入りへ向けてトレーニングを行っており早期回復に期待です。

山口俊

横浜DeNAベイスターズから読売ジャイアンツへ移籍した山口俊選手。

先発ローテーションとして期待されていますが肩の調子が上がらずキャンプは三軍スタートです。焦らずじっくり調整を続け一軍入りを目指します。

森福允彦

ソフトバンクから読売ジャイアンツへ移籍した森福允彦選手。

左の中継ぎとして山口鉄也選手のようなワンポイントから1イニングを任されるような役割になるでしょう。福岡ソフトバンクホークスの優勝に貢献した働きに期待です。

2017年ドラフト情報

昨秋のドラフトでは田中正義選手(ソフトバンク)、佐々木千隼選手(ロッテ)に注目が集まり5球団競合となりました。田中選手、佐々木選手のような大物候補が今年のドラフトにも存在しています。

高校、大学、社会人共に逸材はおり、昨年より打者に有望株が揃っている印象です。そのドラフト候補から数名ピックアップしてご紹介したいと思います。

清宮幸太郎

今年のドラフトにおいて注目度ナンバーワンなのが早稲田実業の清宮幸太郎選手(18)でしょう。小学生の時から注目を浴びていた超高校級スラッガーです一塁手での起用となりますが大砲候補として1位指名をする球団は多そうです。

安田尚憲

履正社高校のレギュラー三塁手である安田尚憲選手(18)は西の横綱とも呼ばれており昨秋の明治神宮大会決勝でも本塁打を放つなど存在感を話しました。清宮選手より体格もよく圧倒的な長打力に期待がかかります。

金久保優斗

東海大市原望洋高校のエース金久保優斗選手(18)は昨秋のドラフトでロッテから3位指名された島孝明選手の後輩にあたります。最速147キロのストレート、スライダーを武器に打者を翻弄、秋季関東大会でも結果を残しています。

宮台康平

東京大学のエース左腕である宮台康平選手(22)は日本代表にも選出された注目左腕です。

最速150キロのストレートを誇っており「東大」という話題性だけでなく実力でも評価されています。東大から初のドラフト1位誕生に期待です。

岩見雅紀

「慶応大学のバレンティン」とも呼ばれている岩見雅紀選手(22)。

昨年チームでレギュラーを獲得した岩見選手はスラッガー候補としてドラフト指名がありそうです。昨年、春・秋合わせて7本塁打を放ったパワーに今年も注目です。

田嶋大樹

今年の社会人ナンバーワン投手として呼び声が高いJR東日本の左腕エース田嶋大樹選手(21)。

佐野日大高校時代から注目されていましたが社会人入り。3年間の社会人生活で最速152キロまで急速をアップさせ今年ドラフト解禁です。

チケットの取り方

チケットは各球団のホームページから購入することが可能です。また、チケットぴあ、ローチケ、イープラス、セブンチケットなどの各種チケットサービスからも購入は可能となっています。

おすすめのオンラインチケット販売サイトはStubHubです。チケットぴあやローチケよりもつながりやすく色んなスポーツのチケットを購入することができます。
【StubHubでオンラインチケット購入】

まとめ

2017年プロ野球の見どころと、スポナビライブで観戦するメリットを紹介してきましたがいかがでしたか?

2017年のプロ野球も大いに盛り上がりそうです!大谷翔平投手は、オフにはメジャー移籍が濃厚なため、日本球界でのプレーは二度と見ることができない可能性があります。

スポナビライブは日ハムの試合を生中継しますので、ぜひ大谷投手の活躍を観戦しましょう!

さらにスポナビライブは、2017年2月8日機能拡充を発表しました。機能拡充により2017年3月16日以降フルHD対応に加え、さまざまなデバイスでTV(テレビ)視聴が可能になります。(詳細情報が入り次第追記します)

スポナビライブはサービスを開始して1年も経っていませんが、日々さまざまコンテンツを追加してくれています。今後もますますサービス拡大して行くことでしょう!

初回1ヶ月は無料なので、まずは試しに申し込んで試合を見てみてください。もし満足できなかったら解約しても月額0円なので安心です。

以上、2017年プロ野球の見どころと、スポナビライブで観戦するメリットでした。

おすすめ記事

1

プロ野球パ・リーグの生中継動画を配信している「スポナビライブ」と「パ・リーグTV」を比較してみました。両サービスの気になる点をまとめてみたので、どちらのサービスと契約するか迷っている方は、ぜひ一読して ...

ATPワールドツアー 2

人気スポーツ生中継動画配信サービス「スポナビライブ」が2017年ATPワールドツアーを大々的に放送することが決定!ATPワールドツアーを見るならスポナビライブがおすすめ! なぜスポナビライブが一番良い ...

スポナビライブとDAZN 3

ソフトバンクが運営するスポナビライブに対して、ドコモがJリーグ配信を目玉としてDAZN(ダゾーン)の運営を開始しました。 スポーツファンにとっては選択肢が広がるので嬉しいですが、どっちのサービスを契約 ...

4

スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する製品の選び方をまとめてみました。スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する方法を調べてみたけど、なんかややこしくて良く分からない・・・という方は多いと思います。 ...

海外サッカープレミアリーグ・リーガ エスパニョーラの全チーム・全試合を放送!速報・生放送・結果動画はスポナビライブ! 5

海外サッカー、プレミアリーグ・リーガエスパニョーラを見るなら、放送試合数が一番多いスポナビライブが一番おすすめ! なぜ「スポナビライブ」が一番良いのか? だれでも初回1ヶ月無料! 海外サッカープレミア ...

-プロ野球

Copyright© スポナビライブ口コミ・評判 , 2017 AllRights Reserved.