スポナビライブの口コミ・評判や使い方と料金などを紹介する情報サイトです

スポナビライブ口コミ・評判

ヨット最高峰レース「アメリカズカップ」福岡大会の試合が無料放送で見られる

更新日:

ヨット最高峰レース「アメリカズカップ」福岡大会の試合が無料放送で見られる
世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」がアジアで初めて福岡で開催されます。

日本から「ソフトバンク・チーム」が参戦しています。そんなアメリカズカップが無料で見られるので紹介していきます。

スポナビライブ 無料開放キャンペーン

スポナビライブ 無料開放キャンペーン(2016年11月)
2016/11/18~11/22までの5日間、無料でプレミアリーグ・リーガエスパニョーラ・Bリーグ・アメリカズカップの全試合が無料で見られるお得なキャンペーンを、スポナビライブが行っています。

また、スポナビライブは会員登録すると1ヶ月無料で好きなスポーツが見放題になります。ソフトバンクユーザーは月額500円、ドコモ・auユーザーは月額1,500円です。

スポナビライブは、スマホだけではなくパソコンやテレビでも見ることができます。外にいるときはスマホで、自宅では大画面で楽しむことができます。

スポナビライブを視聴可能な機器

-どちらも初回1ヶ月は無料-
  • ソフトバンクユーザー:月額500円
  • ドコモ・auユーザー:今だけ月額1,500円(月額3,000円)

アメリカズカップ第9戦 福岡大会

試合開催日 配信開始時間 対戦カード
2016年11月19日(土) 12時45分 1日目
2016年11月20日(日) 12時45分 2日目

スポナビライブで見られる過去の試合

スポナビライブ過去の試合 アメリカズカップ
スポナビライブでは生中継以外にも過去の試合も見ることができます。

生中継で見ることができなくても、いつでも過去の試合を見ることができるのがスポナビライブのメリットです。

アメリカズカップとは?

アメリカズカップとは?
アメリカズカップとは、世界最高峰の国際ヨットレースのことです。別名「海のF1」と呼ばれています。

名前の由来は、最初の優勝艇が、アメリカ合衆国から参加した「アメリカ号」であったからで、決してアメリカのレースという意味ではありません。

しかし、第1回大会から1983年の第25回大会までの連続132年にわたってアメリカ合衆国がカップを防衛してきたため、事実上「アメリカ合衆国のカップ」として見られています。

ちなみに、一度敗北したアメリカは4年後にカップを奪回しますが、その戦いは映画「ウィンズ」のテーマにもなり、大人気を集めました。

また、この優勝カップは継続されているスポーツの優勝杯としては世界最古のものです。

もともとは1851年のロンドン万国博覧会の行事として行われたヨットレースがその起源です。このとき優勝したアメリカ号には、ビクトリア女王から銀製の水差しのようなカップが贈られました。

アメリカ号のオーナー達は、ニューヨークヨットクラブへこのカップを寄贈する際、その贈与証書に「このカップの保持者は、いかなる国の挑戦も受けなければならない」と添えました。

これを元に、1870年第1回アメリカズカップが開催され、これ以降、現代に至るまでこのレースは続いています。

近代オリンピックが1896年、サッカーのワールドカップが1930年からであることを考えると、このカップがいかに由緒あるものであるか理解できます。

アメリカズカップの競技

アメリカズカップの競技
競技としては、挑戦者がタイトルホルダーであるカップ保持者に挑む、一対一で行われるヨットクラブ間の国際親善レースです。

しかし、使用されるヨットは出場国で建造しなければならない規定があり、参加国の最先端技術が応用の形で投入されることもあるため、国の威信を賭けた対抗レースの様相もあります。

参加チームは「シンジケート」と呼ばれます。組織、運営、資金集め、出場艇の開発からセーリング・メンバーの育成までをこのシンジケートが一貫して行います。

挑戦するシンジケートが複数存在する場合、本戦の前に挑戦者決定レースを行い、勝ち抜いた1シンジケートのみが、カップ保持者である防衛艇に挑みます。

防衛艇側は、前回の勝者であるカップ保持者自身か、同じ国のヨットクラブに属するシンジケートでると規定されてます。そのため複数のエントリーがあった場合は、挑戦者と同じく決定レースを行い、防衛艇として出場する1シンジケートを決定します。

使用されるヨットの規格としては、基本ルールの規定上は、「1本マストの場合は水線上が44フィート以上90フィート以下」「2本以上のマストの場合は水線上が80フィート以上115フィート以下」とだけ定められています。

この規格内であれば、レースをする双方の合意があればどのような規格のヨットを使用してもよいことになっています(合意があれば、船の形状が異なっていても問題ありません)。

ただし、実際には開催される時代や大会によって、一定の統一ルールが設けられており、それに沿った競技艇で参加しています。

日本としては、チーム「ニッポン・チャレンジ」が今までに1992年、1995年、2000年と3度挑戦しています。残念ながら準決勝にあたる「ルイ・ヴィトンカップ」で4位で敗退しています。

次回のアメリカズカップは、2017年バミューダで開催予定です。そのための予選は2015年から始まっていますが、前哨戦であるルイ・ヴィトンカップが、2016年11月18日から20日まで日本の福岡で開催されます。

まとめ

日本は今回、ソフトバンクが、関西ヨットクラブとともに「ソフトバンク・チーム・ジャパン」として参加しています。実に17年ぶりの同カップへの挑戦です。

歴史のあるスポーツをぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

スポナビライブはアメリカズカップ以外のスポーツも見ることができるので、とてもお得なサービスです。

▼関連おすすめ記事▼
スポーツ見放題アプリ「スポナビライブ」の利用方法を徹底解説!

-アメリカズカップ

Copyright© スポナビライブ口コミ・評判 , 2017 AllRights Reserved.