スポナビライブは2018年5月末でサービスが終了です。

スポナビライブで配信していたプロ野球とBリーグなどの放送は、引き続き DAZN で配信されます。

  • プロ野球・・・DAZNにて巨人以外の11球団の引き継ぎ
  • Bリーグ・・・バスケットLIVE(Yahooプレミアム)DAZN にて配信を引き継ぎ
  • プレミアリーグ・・・DAZNにて全試合配信を引き継ぎ
  • リーガエスパニョーラ・・・DAZNにて全試合配信を引き継ぎ

DAZN公式サイト はこちら。

【無料】琉球ゴールデンキングスの試合をネット中継やテレビ放送で視聴する方法!試合日程も紹介!

更新日:

Bリーグ2017-18シーズン

Bリーグ2017-18シーズン・B1リーグ戦の琉球ゴールデンキングスの試合を視聴できるおすすめサービスを紹介していきます。

琉球ゴールデンキングスの試合を多く視聴するなら、「スポナビライブ」か「スカパー!Bリーグセット」のどちらかのサービスとなります。

結論から言ってしまうと、料金が安く、Bリーグのコンテンツが充実しているスポナビライブがおすすめです!

そこで今回は、琉球ゴールデンキングスの試合を視聴できるスポナビライブとスカパー!Bリーグセットを比較していきます。どちらのサービスを契約するか迷っているかたは、ぜひご一読ください。

さらに、琉球ゴールデンキングスのチーム紹介、注目選手などについても紹介していきます。こちらをチェックして大幅な補強を行い万全な体制で迎える2017-18シーズンの琉球ゴールデンキングスを応援しましょう!

スポナビライブとスカパー!の比較

Bリーグ2017-18シーズン、琉球ゴールデンキングスの試合を数多く視聴できるサービス、スポナビライブとスカパー!Bリーグセットを比較してみました。

料金の比較

スポナビライブ スカパー!Bリーグセット
月額料金 980円 2,480円
無料期間 初回最大1ヶ月無料 無し

月額料金の比較は、スポナビライブのほうがお得になります。

スポナビライブは、通常会員1,480円で、ソフトバンクユーザー、Yahoo!プレミアム、ワイモバイルユーザーは980円と安くなっています。

また、無料期間があり、通常会員、ソフトバンクユーザーは初回1ヶ月無料で、Yahoo!プレミアム、ワイモバイルユーザーは初回最大1ヶ月無料となっています。

初回1ヶ月無料は、1ヶ月間契約のため、いつ申し込んでも1ヶ月間フルに無料となります。

初回最大1ヶ月無料は、月毎契約のため、毎月1日から月額料金が発生します。そのため、月末に契約すると無料期間が少なくなるので、ご注意ください。

一度試しに利用してみて、気に入らなければ、無料期間内に解約することで月額料金は0円で、解約金なども発生しませんので安心ですね!

スカパー!Bリーグセットは、視聴料2,480円で、そのほかに毎月基本料421円が別途発生します。そのため、毎月支払う月額料金は2,901円で、スポナビライブに比べてかなり高くなってしまいます。

コンテンツ内容の比較

〇:全試合を放送予定、✕:放送予定なし

スポナビライブ スカパー!Bリーグセット
B1リーグ戦
B2リーグ戦
オールスターゲーム 未定
プレイオフ 未定
チャンピオンシップ 未定

コンテンツ内容に関しても、スポナビライブのほうが、さまざまな試合を視聴することができお得です。

スポナビライブは、Bリーグ2017-18シーズンの、開幕戦からチャンピオンシップまですべて視聴することができます。さらに、B1リーグ戦だけでなく、B2リーグ戦の試合も視聴できるというメリットがあります。

スカパー!Bリーグセットに関しては、B1リーグ戦の試合は視聴することができますが、B2リーグ戦の試合は視聴することができません。また、オールスターゲーム、プレイオフ、チャンピオンシップに関しては、放送未定となっています。

スカパー!Bリーグセットの注意事項

B1リーグ戦の全試合を視聴するには、スマホ・タブレット、PC(パソコン)から視聴できる、スカパー!オンデマンドに別途登録する必要があります。スカパー!Bリーグセット加入者は、無料で登録ができます。

つまり、スカパー!Bリーグセットで、B1リーグの全試合を視聴するには、基本的にスマホ・タブレット、PC(パソコン)からのみとなります。

スカパー!BリーグセットのTV(テレビ)放送では、毎節注目の試合(数試合)しか放送されませんので、ご注意ください。

視聴方法の比較

〇:視聴可能、△:一部試合のみ視聴可能

スポナビライブ スカパー!Bリーグセット
スマホ
タブレット
パソコン
テレビ

両サービスとも、インターネットからの視聴方法は、基本的にあまり大差はなく、スマホ・タブレット、PC(パソコン)から、琉球ゴールデンキングスの試合を視聴することができます。

TV(テレビ)から視聴する場合ですが、スポナビライブは、TV(テレビ)へ出力するデバイスが別途必要になります。現在、Chromecast、Apple TV第3世代以降、Amazon Fire TV、Fire TV Stickなどに対応しています。

おすすめのTV(テレビ)出力デバイスは、Fire TV Stickで価格は、4,000円台となっています。こちらを購入すれば、TV(テレビ)で琉球ゴールデンキングスの全試合を視聴することができます。

スポナビライブをTV(テレビ)で視聴する方法は、「【完全版】スポナビライブをテレビで見る方法6選!選び方をまとめて紹介!!」で詳しく紹介しています。

スカパー!Bリーグセットのテレビ放送は、毎節注目の試合(数試合)しか放送されません。そのため、TV(テレビ)から琉球ゴールデンキングスの試合を視聴したいと検討しているかたは、ご注意ください。

比較結果と会員登録方法

琉球ゴールデンキングスの試合を視聴できるサービス、スポナビライブとスカパー!Bリーグセットを比較してきましたが、料金、コンテンツ内容、視聴方法のすべてで、スポナビライブのほうがお得という結果です。

スポナビライブの会員登録は、公式サイトから簡単に登録ができ、会員登録完了後すぐに、スマホ・タブレット、PC(パソコン)、TV(テレビ)から琉球ゴールデンキングスの試合を視聴することができます。

無料期間がありますので、ぜひ一度利用していただきたいです!詳しくは、下記の公式サイトをご覧ください。

琉球ゴールデンキングスの試合を放送するその他サービスを紹介

上記で紹介したスポナビライブ、スカパー!Bリーグセット以外で、琉球ゴールデンキングスの試合を視聴できるサービスを紹介します。

地上波テレビ放送で琉球ゴールデンキングスの試合は視聴できない?

地上波テレビ放送で、B1リーグ戦の琉球ゴールデンキングスの試合を視聴できるのは、沖縄テレビ放送、NHK沖縄放送局、NHK大津放送局だけとなっています。沖縄テレビ放送が2017年に放送する試合数は4試合で、そのほかのサービスは1試合だけとなっています。

また、いずれも全国放送ではありませんので、視聴できる地域は沖縄県や滋賀県に限られます。残念ながら地上波テレビ放送で、琉球ゴールデンキングスの試合を多く視聴することはできない状態です。

BS放送・CS放送で琉球ゴールデンキングスの試合を視聴する方法

BS放送、CS放送で琉球ゴールデンキングスの試合を放送していますが、2017-18シーズンの琉球ゴールデンキングスの試合は、1試合から多くて4試合くらいしか放送しません。

琉球ゴールデンキングスの試合を多く視聴したい場合は、スポナビライブのほうが良いでしょう!

Bリーグ2017-18シーズンの試合を放送するサービスをまとめましたので、宜しければ以下の記事も併せてご覧ください。

琉球ゴールデンキングス最新移籍情報

今オフに話題となった琉球の移籍情報をまとめていきます。

まず注目は、栃木ブレックスから加入した古川孝敏、須田侑太郎の2選手です。古川選手は得意のショットで、須田選手は積極的なディフェンスと攻守に渡り栃木の優勝に大きな貢献を果たしたこの2選手の加入は大きな武器になりそうです。

さらに、帰化選手と外国人選手の2人の加入も話題になりました。

チームとしては初となる帰化選手のアイラ・ブラウン選手がSR渋谷からの移籍、さらにNBAでのプレー経験もあるヒルトン・アームストロング選手が千葉より移籍と経験豊富な即戦力選手を獲得することで、実力を残してきた選手を中心に新体制を整えてきました。

これにより琉球は今シーズンの優勝候補に挙げられることは間違いないでしょう。

以下が今オフの加入、退団選手になります。

加入選手

選手名 旧所属クラブ
二ノ宮 康平 アルバルク東京
古川 孝敏 栃木ブレックス
石崎 巧 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
ヒルトン・アームストロング 千葉ジェッツ
アイラ・ブラウン サンロッカーズ渋谷
須田 侑太郎 栃木ブレックス
ハッサン・マーティン ロードアイランド大学

退団選手

選手名 移籍先クラブ
大宮 宏正 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
波多野 和也 島根スサノオマジック
アンソニー・マクヘンリー 信州ブレイブウォリアーズ
喜多川 修平 栃木ブレックス
山内 盛久 サンロッカーズ渋谷
レイショーン・テリー 島根スサノオマジック
新城 真司 信州ブレイブウォリアーズ

目次に戻る

琉球ゴールデンキングスとは?

ホームタウン 沖縄県沖縄市
ホームアリーナ 沖縄市体育館
チームカラー ゴールド・スチームブルー・パープルレッド
創設年 2006年

まずは琉球ゴールデンキングスの基本情報をご紹介します。

チーム名の略称は「琉球」で、本拠地である沖縄県沖縄市を中心に活動をしており、2007年に創設されたまだまだ若いクラブながら前団体の「bjリーグ」では、全クラブ最多の4度の優勝経験を誇る強豪です。

チーム名の由来は、沖縄県初のプロスポーツチームとしてかつて王国であった琉球の歴史にちなんで名づけた『キングス』とキングのイメージにもっとも適したチームカラーのゴールドを合わせてゴールデンキングスとなっています。

そんな琉球は、地元からの支援、人気も随一でスポンサー企業のほとんどが沖縄県の企業や団体であり、ホームゲームは常に超満員の大盛況の中行われることで有名で、国内プロバスケットチームとしては初の年間来場者数10万人も記録しています。

先の話にはなりますが、2020年には1万人規模の新アリーナがオープン予定で、琉球のホームゲームを中心に地域の方々の交流の場としての役割を担う場にもなるようで、より地元ブースターをはじめとした沖縄県民全体と琉球ゴールデンキングスの絆が深まりそうです。

プレースタイルの特徴は、とにかく走るバスケを徹底しておりバスケットボールの楽しさとスピード感を伝えることを心がけています。Bリーグ元年となった2016-17シーズンの開幕戦ではアルバルク東京との開幕戦を任され注目度と人気の高さは全国レベルになりつつあります。

まずまずの結果に終わった2016-17シーズン終了後、翌シーズンに向けた補強にいち早く取り組み、今オフの移籍の話題は琉球で持ちきりになるほどで、勝負の2シーズン目の躍進が期待されています!

目次に戻る

琉球ゴールデンキングス2016-17シーズンの結果と成績

では、琉球の2016-17シーズンの結果と成績を振り返ってみましょう。

琉球ゴールデンキングスは、Bリーグ統合前の2015年シーズン「bjリーグ」のラストを優勝という輝かしい成績で終え、旧団体の「NBL」の強豪クラブの1つであるアルバルク東京との記念すべきBリーグ開幕戦に抜擢されました。

開幕戦、第2戦と残念ながら連敗を喫してしまいましたが、続くホーム戦では滋賀を相手に連勝しなんとか嫌なムードを断ち切れたように思います。

レギュラーシーズンは29勝31敗とほぼ5分で終わってしまいましたが、同地区の大阪とわずか1ゲーム差での西地区2位(全体8位)になりチャンピオンシップへの出場を果たしますが、残念ながらセミファイナルで西地区をぶっちぎりで優勝した三河に連敗を喫しシーズンを終えました。

結果として2016-17シーズンの琉球は、高さで勝っていると言われていた旧NBLのチーム相手に苦戦を強いられたのも成績を残せなかった一因ではありますが、1番の要因は全体上位チーム、チャンピオンシップ出場チームのほとんどにレギュラーシーズンで勝ちきれなかったことが最終結果に響いてしまいました。

しかし一方で、シーズン終盤には高さへの対抗策を高さではなく、動くバスケで打開できる戦術も手に入れたように思えたので良い収穫になったのではないでしょうか。

目次に戻る

琉球ゴールデンキングス2017-18シーズンの見どころ

続いて2017-18シーズンの琉球ゴールデンキングスの見どころはというと、前シーズンまでヘッドコーチを務めた伊佐勉氏が退任し、日本代表のアシスタントコーチも務めていた佐々宜央(さっさ のりお)氏がヘッドコーチに就任しました。

これにより新体制の中で2017-18シーズンを迎えることになった琉球は、大幅な補強を実行し移籍市場の話題は琉球で持ちきりでした。

上でご紹介したように、経験豊富なプレーヤーを多く獲得できたことで即戦力の選手たちが揃いました。この実力は証明済みの選手たちと作シーズンから琉球を支えてきた選手たちがうまく噛み合えば自然と結果はついてきそうです!

そして、作シーズン「1勝5敗」と苦しんだ西地区優勝の三河、そして同地区を4位で終えた名古屋Dが中地区へ所属変更になり、B2から西宮と島根が昇格となったので、優勝チームが不在の西地区を引っ張っていくことが出来るかに注目が集まっています。

昨日行なわれたBリーグ初のカップ戦「EARLY CUP」、出場したKANSAIアーリーカップでは見事に優勝し、着実に準備が整ってきており、今オフの大幅なチーム変更は大成功と言えるでしょう。

シーズンテーマには『熱く、激しく』を掲げ迎える今シーズンは、良い結果を残し沖縄に恩返しをすることが出来るかに期待しましょう!

目次に戻る

琉球ゴールデンキングス2017-18シーズンの注目選手

では、2017-18シーズン琉球ゴールデンキングスの注目選手をご紹介します。

大幅なメンバー変更により更なる躍進が期待される琉球を引っ張っていくのはこの選手たちです。是非ともチェックして今シーズンの琉球の応援に役立ててください!

岸本隆一

身長/体重 176cm/75kg
年齢/生年月日 27歳/1990.05.17
ポジション PG,SG
背番号 14

2015年より琉球のキャプテンを務めている岸本隆一選手はチームの司令塔です。

沖縄県出身選手でもあり、地元クラブの琉球への想いも人一倍です。日本代表選出経験もあり、bjリーグ時代には1試合最多得点日本人記録の41得点をマークするなど、周りを動かす事もでき、自分でも点が取れる貴重な選手です。

昨シーズンは全60試合に出場、1試合平均2桁得点とチームへ貢献度は抜群で、先日のKANSAIアーリーカップ決勝ではMVPを獲得しました。

まだまだ成長を遂げている岸本選手が移籍してきた新メンバーと切磋琢磨し念願の優勝を成し遂げ沖縄県に良い報告が出来るかどうかに注目です!

アイラ・ブラウン

身長/体重 193cm/105kg
年齢/生年月日 35歳/1982.08.03
ポジション SF,PF
背番号 33

アイラ・ブラウン選手は、今オフにSR渋谷から加入の期待の新メンバーです。

琉球としては初となる帰化選手の加入は、ルール上でも大きなメリットになりそうです。それはBリーグには「オンザコートルール」と呼ばれる特別なルールが設けられており、外国人選手の出場制限があります。

しかし、帰化選手1名は常にコートに出られますので、オンザコートルールを活かす上でも貴重な選手になりそうです。

さらに帰化選手として日本代表にも選ばれた経験もあります。アイラ・ブラウン選手の魅力は、Bリーグ在籍の外国人選手が得意なインサイドのプレーだけでなく3Pまで打てる変幻自在なシュートレンジです。

積極的に攻めにいく姿勢はチームに良い風を起こし、琉球の強力な助っ人として今シーズンは活躍すること間違いないでしょう!

ヒルトン・アームストロング

身長/体重 211cm/107kg
年齢/生年月日 32歳/1984.11.23
ポジション C
背番号 30

ヒルトン・アームストロング選手も千葉から今シーズン加入した期待の新メンバーです。

かつてはNBAでのプレー経験があり、211cmとBリーグ屈指の恵まれた体格は琉球に力強いプレーを呼び込んでくれそうです。そんなヒルトン・アームストロング選手は早く実力を発揮しており、獲得は大成功の予感です。

先日行なわれた初のカップ戦、KANSAIアーリーカップ決勝では11得点11リバウンド4アシスト3ブロックと大暴れ、早くも琉球の戦術にはまっていることを証明しました。

助っ人外国選手として2017-18シーズンの琉球のインサイドでのタフでパワフルなプレーをたくさん見せてくれれば、地区のみならずチャンピオンシップ優勝もグッと近づきそうです!

古川孝敏

身長/体重 190cm/92kg
年齢/生年月日 29歳/1987.10.20
ポジション SG,SF
背番号 51

今オフ、栃木ブレックスから琉球へ加入した古川選手の移籍は大きな話題となりました。

作シーズン、栃木の優勝に大きく貢献した選手であり、チャンピオンシップファイナルでは3Pショット3本をはじめ、決めたい場面でしっかりと落ち着いて決めるなど21得点と大活躍、見事MVPに輝きました。

魅力はやはりなんといっても広いシュートレンジからの得点力。強力なポイントゲッターを獲得したことは琉球にとっては大きな武器になることでしょう。

しかし残念ながらオフにケガをしてしまい現在はリハビリ中ですが、シーズン前半のうちには復帰の予定なので復帰を待ち、活躍に期待しましょう!

目次に戻る

琉球ゴールデンキングスのメンバー紹介

では、2017-18シーズン琉球ゴールデンキングスの主力メンバーをご紹介していきます。

バスケットは他のスポーツ以上に交代要員であるサブメンバーたちの活躍も魅力のスポーツです。ベンチに入る全員が主力メンバーとして今シーズン優勝を目標に頑張ってくれることを期待しましょう!

岸本隆一

#ryukyugoldenkings #琉球ゴールデンキングス #okinawa #Bリーグ

琉球ゴールデンキングス 公式さん(@ryukyugoldenkings)がシェアした投稿 -

身長/体重 176cm/75kg
年齢/生年月日 27歳/1990.05.17
ポジション PG,SG
背番号 14

岸本 隆一(きしもと りゅういち)選手は、沖縄県出身の27歳。

2013年より琉球に在籍し、現在はキャプテンを務めています。日本代表にも選出された経験があり、昨シーズンは全試合に出場、平均得点二桁をマークするなど司令塔としてもポイントゲッターとしても活躍。

キャプテンとして地元沖縄に優勝を持ち帰ることができるか期待されています!

金城茂之

#琉球ゴールデンキングス #ryukyugoldenkings #okinawa #団結の力

琉球ゴールデンキングス 公式さん(@ryukyugoldenkings)がシェアした投稿 -

身長/体重 185cm/80kg
年齢/生年月日 32歳/1984.11.23
ポジション SG
背番号 6

金城 茂之(きんじょう しげゆき)選手は、沖縄県出身の32歳。

2007年より琉球に在籍している生え抜きの選手です。bjリーグ時代の琉球の優勝に大きな貢献をしてきた選手として、昨シーズンもチームの主力として活躍。

外角からの攻撃の一翼として今シーズンも得点シーンをたくさん見せてほしいです!

石崎巧

身長/体重 188cm/87kg
年齢/生年月日 33歳/1984.07.06
ポジション PG,SG
背番号 0

石崎 巧(いしざき たくみ)選手は、福井県出身の33歳。

名古屋Dより今オフ移籍してきた期待の新メンバーで、ドイツのプロバスケットリーグであるブンデスリーガでのプレーや、日本代表選出の経験もある経験豊富なベテラン選手として、琉球での更なる活躍が期待されています。

アイラ・ブラウン

身長/体重 193cm/105kg
年齢/生年月日 35歳/1982.08.03
ポジション SF,PF
背番号 33

アイラ・ブラウン選手は、アメリカ出身で2016年に日本国籍を取得した帰化選手です。

今オフにSR渋谷から移籍、先日行なわれたKANSAIアーリーカップでも大活躍を果たし早くもチームに馴染んでいます。インサイドだけでなく広いシュートレンジからしっかりと決めるポイントゲッターとして琉球の大きな得点力になってくれること間違いなしの注目の新メンバーです!

須田侑太郎

身長/体重 187cm/87kg
年齢/生年月日 25歳/1992.01.03
ポジション SG,SF
背番号 11

須田 侑太郎(すだ ゆうたろう)選手は、北海道出身の25歳。

まだまだ若い選手でありながら、作シーズンは栃木の優勝に大きな貢献を果たした主力選手として今オフ琉球へ加入してきた超期待の新メンバーです。

先日行なわれたKANSAIアーリーカップ決勝では、10得点4アシスト3スティールと大活躍、早くも今シーズンの主力としての実力を発揮しました。レギュラーシーズンではどんなプレーを見せてくれるか要注目です!

古川孝敏

身長/体重 190cm/92kg
年齢/生年月日 29歳/1987.10.20
ポジション SG,SF
背番号 51

古川 孝敏(ふるかわ たかとし)選手は、兵庫県出身の29歳。

今オフに栃木より琉球へ電撃加入、メディアでも話題になった注目の移籍でした。

作シーズンは栃木の優勝に大きく貢献、チャンピオンシップファイナルではMVPに選出、日本代表の経験もある即戦力の新メンバーです。現在はケガによりリハビリ中で復帰が待たれますが、しっかり治して2017-18シーズンの琉球の大きな得点源になってくれることを期待しましょう!

ヒルトン・アームストロング

身長/体重 211cm/107kg
年齢/生年月日 32歳/1984.11.23
ポジション C
背番号 30

ヒルトン・アームストロング選手は、アメリカ出身の32歳。

NBAでのプレー経験もある実力選手として今オフに千葉ジェッツより琉球に移籍。211cmの高い身長を活かしたインサイドでの活躍に期待される期待の助っ人外国人選手です。

KANSAIアーリーカップでも攻守に渡り大活躍をしており、早くも琉球のインサイドの主力として今シーズンの活躍は間違いないと思わせてくれました!

目次に戻る

まとめ

琉球ゴールデンキングスの試合を視聴できるおすすめサービスを紹介してきましたが、いかがでしたか?

おすすめは、Bリーグの放送内容が一番充実しているスポナビライブです!スポナビライブであれば、琉球ゴールデンキングスの全試合を視聴することができます。

誰でも初回無料期間がありますので、ぜひ一度お試しください!気に入らない場合は、無料期間内に解約することで、月額料金や解約金は一切発生しませんので安心です。

以上、琉球ゴールデンキングスの試合を視聴できるおすすめサービスの紹介でした。

おすすめ関連記事

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

おすすめ記事

スポナビライブとは 1

プロ野球、海外サッカー、Bリーグ、テニスなどの人気のスポーツが、月額980円から見放題の動画配信サービス「スポナビライブ」。 今なら1ヶ月無料で試すことができます。最低利用期間もありません! ここでは ...

スポナビライブとDAZN 2

※スポナビライブのサービス終了に伴い、スポナビライブで配信していたプロ野球とBリーグの放送は、引き続きDAZN(ダゾーン)で配信されます。 参考DAZN(ダゾーン)徹底解説の記事はこちらDAZN(ダゾ ...

3

プロ野球の試合放送を視聴することができる「スポナビライブ」と「パ・リーグTV」を比較してみました。 両サービスの、コンテンツ内容、月額料金、画質、視聴環境を比較!どちらサービスを契約すれば良いか迷って ...

スポナビライブATPワールドツアー 4

テニス錦織圭選手のATPワールドツアーの試合を視聴するならスポナビライブ! そこで今回は、スポナビライブが配信しているATPワールドツアーの配信内容について解説していきます。 スポナビライブのサービス ...

5

スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する製品の選び方をまとめてみました。スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する方法を調べてみたけど、なんかややこしくて良く分からない・・・という方は多いと思います。 ...

-Bリーグ

Copyright© スポナビライブガイド【Sportsnavi Live Guide】 , 2018 All Rights Reserved.