スポナビライブは2018年5月末でサービスが終了です。

スポナビライブで配信していたプロ野球とBリーグなどの放送は、引き続き DAZN で配信されます。

  • プロ野球・・・DAZNにて巨人以外の11球団の引き継ぎ
  • Bリーグ・・・バスケットLIVE(Yahooプレミアム)DAZN にて配信を引き継ぎ
  • プレミアリーグ・・・DAZNにて全試合配信を引き継ぎ
  • リーガエスパニョーラ・・・DAZNにて全試合配信を引き継ぎ

DAZN公式サイト はこちら。

【無料】ロジャーズカップ2017放送予定はスポナビライブ・NHKBS1・GAORA SPORTS!錦織圭・杉田祐一の試合予定・速報・結果も紹介!

更新日:

スポナビライブATPワールドツアー

錦織圭選手、杉田祐一選手が出場するロジャーズ・カップ2017を放送するのは、ネット中継のスポナビライブ、BSテレビ放送のNHKBS1、CSテレビ放送のGAORA SPORTSです。各媒体で、放送内容が異なりますので、詳しく紹介していきます。

おすすめは、初回無料期間のあるスポナビライブです!契約後すぐに、スマホ・タブレット、パソコン、テレビから、錦織圭選手や杉田祐一選手の試合放送をライブ中継で視聴することができます。

さらに、錦織圭選手出場予定の、①ロジャーズ・カップ2017(8/7~13)、②ウェスタン&サザン・オープン2017(8/13~20)の2大会を無料で視聴することができます。

ロジャーズカップ2017決勝:R・フェデラー vs A・ズベレフ

ロジャーズ・カップ2017の決勝は、ロジャー・フェデラー選手 vs アレキサンダー・ズベレフ選手となりました。

8月14日(月)、ロジャーズ・カップ2017の決勝は、6-3、6-4のストレートで、アレキサンダー・ズベレフ選手が優勝を果たしました。

現在、 スポナビライブ で、見逃し配信を配信中です。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

目次に戻る

【速報】ロジャーズカップ2017錦織圭の試合予定・結果

ATP世界ランキング9位の錦織圭選手は、第5シードで出場するため、2回戦からの登場です。(1回戦免除)

8/10(木)初戦:錦織圭 vs G・モンフィス

錦織圭選手の初戦(2回戦)は、ATP世界ランキング22位のガエル・モンフィス選手です。過去の対戦成績は、3勝0敗で錦織圭選手が全勝しています。

8月10日(木)、錦織圭選手の初戦の結果は、7-6(7-4)、5-7、6-7(6-8)の逆転で敗れ、初戦敗退となってしまいました。

現在、 スポナビライブ で、見逃し配信を配信中です。

錦織圭選手は、来週から開催されるATP1000ウェスタン&サザン・オープンのシングルスに出場予定です。スポナビライブは、ウェスタン&サザン・オープンもLIVE配信しますので、引き続きお楽しみいただけます。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

目次に戻る

【速報】ロジャーズカップ2017杉田祐一の試合予定・結果

ATP世界ランキング44位の杉田祐一選手は、1回戦からの登場です。

8/9(水)1回戦:杉田祐一 vs D・ゴフィン

杉田祐一選手の1回戦の相手は、ATP世界ランキング13位のダビド・ゴフィン選手です。今回が初対戦となります。

8月9日(水)、杉田祐一選手の1回戦の結果は、6-4、1-6、4-6の逆転で敗れ、初戦敗退となってしまいました。

現在、 スポナビライブ で、見逃し配信を配信中です。

杉田祐一選手は、来週から開催されるATP1000ウェスタン&サザン・オープンに出場予定です。スポナビライブは、ウェスタン&サザン・オープンもLIVE配信しますので、引き続きお楽しみいただけます。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

目次に戻る

ネット中継はスポナビライブ ※初回最大1ヶ月無料

スポナビライブ

インターネット中継のスポナビライブで、ロジャーズ・カップ2017の試合放送を予定しています。

ロジャーズカップ放送予定

スポナビライブ は、ロジャーズ・カップ2017の本戦1回戦から決勝まで、連日ライブ中継で放送を予定しています。

錦織圭選手や杉田祐一選手をはじめ、さまざまな選手の試合放送をライブ中継で視聴することができます。また、錦織圭選手など注目選手の試合放送は、日本語での実況・解説となりますので、解説重視のかたにも楽しんでいただけます。

ロジャーズカップとウエスタンサザンオープンの2大会が無料で視聴できる

スポナビライブは、ソフトバンクとYahoo!JAPANが共同で運営しているため、どちらかのサービスを利用していれば月額料金が安くなるという特徴があります。

スポナビライブの月額料金は下記のとおりです。

契約内容 月額料金
ソフトバンクユーザー 初回1ヶ月無料
980円
Yahoo!プレミアムユーザー
ワイモバイルユーザー
初回最大1ヶ月無料
980円
その他ユーザー(通常価格) 初回1ヶ月無料
1,480円

ソフトバンクユーザーとその他ユーザーは、初回1ヶ月無料となっており、Yahoo!プレミアム会員、ワイモバイルユーザーは、初回最大1ヶ月無料となっています。

スポナビライブは、初回無料期間があるため、今契約することで、錦織圭選手出場予定の、①ロジャーズ・カップ2017(8/7~13)、②ウェスタン&サザン・オープン2017(8/13~20)の2大会を無料で視聴することができます。

無料期間中に解約することで、月額料金は0円で、解約料金も一切発生しません。

会員登録は、スポナビライブ公式サイトから簡単にでき、会員登録完了後すぐに利用できます。詳しくはスポナビライブ公式サイトをご覧ください。

スポナビライブ公式サイト

スマホ・タブレット・パソコン・テレビから視聴可能

スポナビライブ は、スマホ・タブレット、PC(パソコン)、TV(テレビ)から、ロジャーズ・カップの試合放送をライブ中継で視聴することができます。

自宅でも外出先でも、ロジャーズ・カップの試合を楽しむことができるのでおすすめです。

画質も①フルHD画質、②高画質、③標準画質、④低画質の4段階から任意に選択できるので、通信量が気にならないWi-Fi環境ではフルHD画質で視聴し、外出先など通信量が気になる環境では低画質で視聴することができます。

見逃し配信対応で1週間は何度でも視聴可能

スポナビライブ は、見逃し配信に対応しているため、ロジャーズ・カップの試合放送を見逃してしまっても、1週間以内は何度でも視聴することができます。

また、追いかけ再生に対応しているため、試合放送が始まってしまっても、最初に遡って見ることができます。気になるシーンなども、即座にプレイバックすることもできるのでおすすめです。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

目次に戻る

BSテレビ放送はNHKBS1

NHKは、BSテレビ放送のNHKBS1で、ロジャーズ・カップ2017の試合放送を予定しています。

NHKBS1放送予定

NHKBS1では、錦織圭選手が出場する試合を中心に、8月9日(水)の2回戦から決勝までをライブ中継で放送を予定しています。

NHKBS1は基本的に、錦織圭選手の試合放送のみライブ中継するというスタンスです。錦織圭選手の試合放送だけライブ中継で視聴できれば良いというかたは、NHKBS1で問題ありません。

杉田祐一選手や、そのほかの選手の試合放送を視聴したいかたは、 スポナビライブ のが良いでしょう!

目次に戻る

CSテレビ放送はGAORA SPORTS ※ネット中継も視聴可能

GAORA SPORTSで、ロジャーズ・カップ2017の試合放送を予定しています。GAORA SPORTSを視聴するには、 スカパー! がおすすめです。

ケーブルテレビやひかりTVなどでもGAORA SPORTSを視聴することができますが、視聴できる地域が都心部に限られますので注意が必要です。

GAORA SPORTS放送予定

GAORA SPORTSは、ロジャーズ・カップ2017の本戦1回戦から決勝まで、連日ライブ中継で放送を予定しています。

錦織圭選手の試合放送をメインに、注目の対戦カードも放送します。錦織圭選手の試合放送だけ視聴できれば良いというかたであれば問題ないでしょう。

杉田祐一選手の試合も放送するかた思いますが、試合直前まで放送するか分からないため、どうしても試合放送をライブ中継で視聴したいかたは、 スポナビライブ のほうが良いでしょう!

月額料金は1,296円~!スカパー!

スカパー!で、GAORA SPORTSを視聴した場合の月額料金は、GAORA SPORTS料金1,296+基本料421円の、合計1,717円となります。

視聴するには、アンテナ等機器の設置が必要になりますので注意が必要です。また、加入料が別途発生する場合があります。

スカパー!公式サイト

スマホ・タブレット・パソコンからも視聴可能

スカパー!に加入することで、スカパー!オンデマンドが無料で利用できるようになり、スマホ・タブレット、PC(パソコン)からも、ロジャーズ・カップ2017の試合放送を視聴することができます。

スカパー!オンデマンド単体での契約はできませんのでご注意ください。

スカパー!公式サイト

目次に戻る

ATPワールドツアーの試合放送を数多く視聴したいかた

下記表は、各サービスのATPワールドツアー放送内容です。

サービス 放送内容
スポナビライブ ・250シリーズ
・500シリーズ
・マスターズ1000
・ファイナルズ
GAORA SPORTS ・500シリーズ
・マスターズ1000
・ファイナルズ
BS朝日 ・500シリーズ(錦織圭出場)
DAZN ・250シリーズ(一部)

スポナビライブは、主要カテゴリーのほとんどを放送します。

GAORA SPORTSも主要カテゴリーの多くを放送していますが、250シリーズは放送しておらず、500シリーズに関しても、スポナビライブより放送する大会は少なくなります。

BS朝日送は、500シリーズのみ。DAZNの放送は、250シリーズのみといった感じになります。

そのため、ATPワールドツアーの大会を数多く視聴したいかたは、スポナビライブがおすすめです。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

目次に戻る

錦織圭の最新情報

2017年度の結果はあまり良くなく、優勝を獲得できていない状況が続いています。直近では定期的に怪我にも悩まされるシーズンではありますが、ロジャーズ・カップでは活躍を期待したいです。

では、今回解される同大会の「ハードコート」の相性はどうなのでしょうか?

2016年度大会を例にみてみると「マイアミ・オープン」で決勝進出。グランドスラムの「全米オープン」や、先の「シティ・オープン2017」では準決勝まで進出するなど、「ハードコード」で開催される大会ではあと一歩のところまで結果を残し相性の良さを見せています。

また、今回開催される「ロジャーズ・カップ」ではどうかというと、2016年は決勝にて「ノバク・ジョコビッチ」選手に惜しくも敗れて準優勝となっています。

2016年の結果が非常に惜しかったという点と2017年度は「ノバク・ジョコビッチ」選手が欠場という事もあり優勝出来るチャンスは十分ありますので結果に期待したいですね。

○過去出場した「ロジャーズ・カップ」の結果

2016年 準優勝 対 ノバク・ジョコビッチ 「3-6、5-7」
2015年 ベスト4 対 アンディ・マレー 「3-6、0-6」
2013年 3回戦 対 ガスケ 「6-1、3-6、3-6」
2012年 2回戦 対 クエリー 「2-6、3-6」

目次に戻る

ロジャーズカップ2017ドロートーナメント表

ロジャーズ・カップ2017のドローです。

錦織圭選手は順調に勝ち上がった場合、準決勝でATP世界ランキング2位の、ロジャー・フェデラー選手と対戦することになります。

杉田祐一選手は、初戦からATP世界ランキング13位のダビド・ゴフィン選手との対戦となり、厳しい組み合わせとなりました。

※錦織圭選手、杉田祐一選手は、黄色の網掛けとなっています。

ロジャーズカップ2017ドロートーナメント表

目次に戻る

ロジャーズカップ2017日程

2017年の「ロジャーズ・カップ」は予選を含め、8月5日(土)~8月13日(日)まで開催されている大会です。

時差は現地と13時間の開きがあるため現地11:00~より試合の場合、日本では24:00からということになります。応援する人は寝不足になると思うので注意して応援しましょう。

○ロジャーズ・カップ開催日時

ラウンド 日程 現地時間
予選 2017年8月5日(土)~6日(日) 10:00~
本戦1回戦 2017年8月7日(月)~8日(火) 11:00~
本戦2回戦 2017年8月8日(火)~9日(水) 11:00~
本戦3回戦 2017年8月10日(木) 11:00~
準々決勝 2017年8月11日(金) 12:30~
準決勝 2017年8月12日(土) 12:30~
決勝 2017年8月13日(日) 13:30~

目次に戻る

ロジャーズカップ2017の出場選手を紹介

「マスターズ1000」のカテゴリとなると出場義務が発生するランキング上位の選手が参加するため、層々たるメンバーがエントリーする予定となっております。

ただ、ATP世界ランキング1位のアンディ・マレー選手、2016年優勝者のノバク・ジョコビッチ選手、同6位のマリン・チリッチ選手がケガのため、欠場することが決まっており、波乱の大会となる可能性もあります。

ATPランキング 出場選手名(予定) 国籍
2位 ラファエル・ナダル スペイン
3位 ロジャー・フェデラー スイス
7位 ドミニク・ティエム オーストリア
8位 アレキサンダー ズベレフ ドイツ
9位 錦織圭 日本
10位 ミロシュ・ラオニッチ カナダ
11位 グリゴール・ディミトロフ ブルガリア
12位 ジョー・ウィルフリード・ツォンガ フランス
13位 ダビド・ゴフィン ベルギー
14位 トマーシュ・ベルディハ チェコ

目次に戻る

ロジャーズカップ2017の注目選手を紹介

錦織圭選手以外の日本人選手の出場がアンタルヤ・オープンのタイトルを獲得したATPランキング44位の杉田祐一選手が予選からの出場予定となっております。是非、予選を勝ち進んで本戦出場を決めてほしいです。

また、モントリオールでは6年ぶりの出場となる「ロジャー・フェデラー」選手が参戦や出身国である「ミロシュ・ラオニッチ」選手など強敵な選手が数多く出場予定となっており、特に注目選手を5名に絞って紹介したいと思います。

杉田祐一

ツアー初タイトルを獲得し、ATPランキング44位まで上昇した杉田祐一選手。自身最高順位となり調子も絶好調でしょう。

ウィンブルドンでは2回戦敗退となってしまいましたがでは再びツアータイトル獲得に向けて頑張ってほしいです。

また、「ロジャーズ・カップ」は2016年度も参加しており、その際には惜しくも1回戦で「ディミトロフ」選手相手にフルセットの末敗れています。2017年度は2016年とは状況が違っているので、是非上回る結果を残してほしいですね。

アレキサンダー・ズベレフ

現在、最も勢いのある若手20歳のアレキサンダー・ズベレフ選手。

198cmの恵まれた長身で放つ強力な「サーブ」とフットワークを活かし左右のコーナーに強力且つ的確なストロークを武器に2017年度はATPランキング8位まで上がりました。

先のシティ・オープン2017では、準決勝で錦織圭選手に完勝し、そのままの勢いで見事に優勝を果たしました。今大会も優勝に最も近い選手として要注目です。

ミロシュ・ラオニッチ

2017年度はあまり結果が思わしくなく、現在までで優勝獲得できていない状況です。

ランキングも10位まで落ちてしまっております。ただ、「ロジャーズ・カップ」は開催国がカナダということもあり気合が入っているはずです。

過去の結果も2013年に準優勝とタイトルを取れているので2017年の結果も楽しみにしたいと思います。

また、ウィンブルドンでは準々決勝で「ロジャー・フェデラー」選手に敗れているので同選手が久しぶりに「ロジャーズ・カップ」に出場となりリベンジを果たせるかどうかも含めて対戦相手にも注目していきたいです。

ロジャー・フェデラー

35歳になる「ロジャー・フェデラー」選手ですが、2017年度は絶好調で好成績を残している同選手。

直近の大会でも、グランドスラムのカテゴリとされる「ウィンブルドン」にて8度目のタイトルを獲得しました。休養期間を経ての大会であったため調子を心配されましたが、結果は1セットも落とすことも無く優勝するという完全優勝でした。

また、ロジャーズ・カップの「モントリオール」大会に参加するのは2011年以来で6年ぶりの出場となります。結果というと「トロント」で行われた大会では優勝を2004、2006年の2度獲得していますが「モントリオール」ではまだ獲得できていません。

2017年度の調子では優勝も狙えると思いますので、試合結果には要注目です。

ラファエル・ナダル

2017年度はATPランキング2位と好調をキープしているラファエル・ナダル選手。

クレーコートが得意という認識を持っている人も多いと思いますが、2017年度はハードコートでも結果を残しています。3月に実施された「マイアミ・オープン」では準優勝を獲得するなど「ロジャーズ・カップ」が行われるハードコートであっても良い結果を残してくれるでしょう。

また、同大会を優勝出来ればランキング1位が見えてくるのでランキングにも注目して応援したいですね。

目次に戻る

ロジャーズカップとは?

「ロジャーズ・カップ」には長い歴史があり、男子は1881年、女子は1892年からトーナメントが開始された大会です。

また試合会場が隔年ごとにカナダ「トロント」と「モントリオール」の両コートにそれぞれ変更となる面白い趣向で行われている大会となり、2017年はモントリオールで開催されます。

コート名はモントリオールでは「スタッド・ユニプリックス」、トロントでは「アビバ・センター」にて行われます。開催国が「カナダ」であるため、「カナダ・マスターズ」との名称でも呼ばれることがあります。

ツアーカテゴリはマスターズ1000大会となり、カテゴリとしては「グランドスラム」に続いて大きな大会となっており、ランキング上位30選手には出場義務が与えられる大会カテゴリとなります。

ドロー数はシングルスで「56」となっており、コートは屋外の「ハードコート」であり、ランキング上位選手と対戦ができることから、仮想「全米オープン」として調整することも出来る大会です。

同大会の結果が「全米オープン」の結果に近い結果になる可能性もあり注目したい大会の1つになります。

2000年から見ると「トロント」「モントリオール」の2大会連覇を果たしている選手は「アンディ・マレー」「ノバク・ジョコビッチ」両選手のみ。

今大会では、「アンディ・マレー」「ノバク・ジョコビッチ」の両選手は、ケガのため欠場が決まっており、波乱の大会となるかもしれません。

目次に戻る

ロジャーズカップの賞金とポイント

「ロジャーズ・カップ」の賞金とポイントについて紹介したいと思います。

同大会はマスターズ1000のカテゴリとなるので優勝すると1,000ポイントを獲得することができます。その他のポイントは以下にまとめたので参照してください。

また、賞金については2016年度よりも2017年の方が賞金金額が上がっており、去年よりも注目されているということでしょう。誰が優勝賞金の1億円を獲得することができるのか注目したいですね。

○2017年度 ロジャーズ・カップ賞金
賞金総額:4,662,300ドル(日本円:約5億1,285万円)

順位 賞金 ポイント
優勝 894,585(日本円:約9,840万円) 1,000
準優勝 438,635(日本円:約4,825万円) 600
準決勝(ベスト4) 220,760(日本円:約2,428万円) 360
準々決勝(ベスト8) 112,255(日本円:約1,235万円) 180
3回戦 58,295(日本円:約641万円) 90
2回戦 30,730(日本円:約338万円) 45
1回戦 16,595(日本円:約180万円) 10

※日本円110円換算

目次に戻る

ロジャーズカップの過去の優勝者

過去のロジャーカップ優勝者を振り返ってみると、最多優勝回数は4回でノバク・ジョコビッチ選手が1番多く優勝しており、連覇は2連覇で「ノバク・ジョコビッチ」「アンディ・マレー」選手がそれぞれ達成しています。

ただ、2017年度は前年チャンピオンでもある「ノバク・ジョコビッチ」選手が怪我のための長期離脱。そして、「アンディ・マレー」選手もケガのため欠場が決定しています。

そうなると優勝回数だけをみると優勝回数3回で続いている「ラファエル・ナダル」選手が有力候補となりますが、現在最も勢いのある若手、「アレキサンダー・ズベレフ」選手も優勝の可能性が十分にあります。

年度 優勝者 準優勝者
2012年 ノバク・ジョコビッチ リシャール・ガスケ
2013年 ラファエル・ナダル ミロシュ・ラオニッチ
2014年 ジョー・ウィルフリード・ツォンガ ロジャー・フェデラー
2015年 アンディ・マレー ノバク・ジョコビッチ
2016年 ノバク・ジョコビッチ 錦織圭

目次に戻る

まとめ

ロジャーズ・カップ2017を放送する各サービスについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

おすすめは、初回無料期間のあるスポナビライブです!契約後すぐに、スマホ・タブレット、パソコン、テレビから試合放送をライブ中継で視聴することができます。

さらに、錦織圭選手出場予定の、①ロジャーズ・カップ2017(8/7~13)、②ウェスタン&サザン・オープン2017(8/13~20)の2大会を無料で視聴することができます。

ロジャーズ・カップは「全米オープン」への調整試合の一つと思われる人もいるかもしれませんがカテゴリがマスターズ1000ということもありランキング上位選手が多く参加する大きい大会です。

見どころとしては日本人選手が「錦織圭」選手を始め、ツアー初優勝を果たした「杉田祐一」選手が出場すること、また海外選手では「ロジャー・フェデラー」選手が6年ぶりに出場を決めるなど、紹介する選手がどのような成績を残せるのか注目してほしいと思います。

以上、ロジャーズ・カップ2017を放送する各サービスの紹介でした。

\1ヶ月無料・最低利用期間なし/

おすすめ記事

スポナビライブとは 1

プロ野球、海外サッカー、Bリーグ、テニスなどの人気のスポーツが、月額980円から見放題の動画配信サービス「スポナビライブ」。 今なら1ヶ月無料で試すことができます。最低利用期間もありません! ここでは ...

スポナビライブとDAZN 2

※スポナビライブのサービス終了に伴い、スポナビライブで配信していたプロ野球とBリーグの放送は、引き続きDAZN(ダゾーン)で配信されます。 参考DAZN(ダゾーン)徹底解説の記事はこちらDAZN(ダゾ ...

3

プロ野球の試合放送を視聴することができる「スポナビライブ」と「パ・リーグTV」を比較してみました。 両サービスの、コンテンツ内容、月額料金、画質、視聴環境を比較!どちらサービスを契約すれば良いか迷って ...

スポナビライブATPワールドツアー 4

テニス錦織圭選手のATPワールドツアーの試合を視聴するならスポナビライブ! そこで今回は、スポナビライブが配信しているATPワールドツアーの配信内容について解説していきます。 スポナビライブのサービス ...

5

スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する製品の選び方をまとめてみました。スポナビライブをTV(テレビ)へ出力する方法を調べてみたけど、なんかややこしくて良く分からない・・・という方は多いと思います。 ...

-テニス

Copyright© スポナビライブガイド【Sportsnavi Live Guide】 , 2018 All Rights Reserved.